TOP > MCモノ > お疲れ様です!テレビ『137億年の物語』第32話感想。

お疲れ様です!テレビ『137億年の物語』第32話感想。

Posted by cometiki on  

今回は平城京で働く、サラリーマンが主人公でした。


のっけから、論文そっちのけで川柳を読む、
寺脇博士(´艸`*)゚.+:

なにごとかと思えば、サラリーマン川柳から、
奈良時代の勤め人の悲哀を結んでみよう!
ということです。


寺脇康文さん イラスト テレビ『137億年の物語』第32話


1300年前から、既に単身赴任やパワハラ
など、現代人と同じ悩みを抱えていたのだとか。
ちょっとビックリします。


1300年も前…なんて聞くと、のんびり
して、和やかなものをイメージしてしまいます
が、全然違っていました。



木簡(もっかん)という、当時文字を書き記した
ものが、現代にも残っていて、そこから様子を
うかがうことができるのだそうです。


いろいろ書かれていましたよー。
どの地方から、どんな特産物が税金として納め
られているかとか、ある人の勤務評定まで残って
いるんですから、驚きました。

…1300年も後の人に成績知られるというのも
不思議なことですよねー。
”形として残る”っていうのがすごいと思います。

1300年ですよ?!

たとえば。
このキーボードで入力した文字が、1300年後。
残ってるなんて、全く思いませんもん!!


木簡は、残っていそうな気がしますけど( ̄∀ ̄)
(既に1300年残っているんだもん)


単身赴任が大変だとか、職場改善提案書を上司に
出してみるとか…昔から、サラリーマンという
職業は、大変だったんだなぁ。

現代より厳しい、上下関係だったんだろうし。

それに「仕事、辛いから辞める」なんていうの
も簡単にできなさそうな時代だもんな…。

毎朝4時には出勤の準備して、手当てのつかない
残業もして…帰りは夜遅くにクタクタになって、
帰宅されていたんだろうなぁ。

身体壊したりしたら、どうなっていたんだろう。
お疲れ様ですっ(┬┬_┬┬)



また、別の取材では相内助手が、当時の食文化
についてもレポートされていました。

宮廷料理は、現代でも「豪華だー!!」と
思える品々が並んでいましたが、庶民の食事
となると…一汁一菜。
しかも、1日1食という説もあるそうで…。

栄養…なんて、とれないだろうし。
体調管理大変だっただろうなぁ。
(なんか、そればっかり言ってるな…私)



栄えたはずの平城京が、長岡京へ遷都しなく
てはいけなくなった理由として、悪臭がある
のだそうです。

排泄物が上手く川へ流れず、溜まってしまい、
都中がひどい臭いだったらしい…と寺脇博士。

 寺脇博士「どんな臭いだったのか、嗅いで
 みたかったなー(くんくん)」

歴史に興味があればあるほど、当時のことに
浸ってみたいものなんでしょうか?

悪臭を嗅いでみたいとは…
寺脇博士、さすがですっ(ノ〃^▽^〃)ノ。・:*:・゚

…私はちょっと、思えないもので…。




そうだ!話は全然関係ないのですが、
ブログのテンプレートを変えてみたのです。

土台から、自分の思うように…といじって
みたためエラーとかどこかに出ているかも
しれません。

もしも「変なコトになってますよ?」なんて
お気づきでしたら、こそっと教えてやって
くださいヽ(TдT)ノ

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。