TOP > MCモノ > 天馬ぱたぱたー!テレビ『137億年の物語』第33話感想。

天馬ぱたぱたー!テレビ『137億年の物語』第33話感想。

Posted by cometiki on  

放送の途中から、見られたのですが今回は、
イスラム教の創始者・ムハンマドが主人公だった
ようです。


寺脇康文さん イラスト テレビ 137億年の物語第33話 感想


神様からの言葉を受け取って、伝える人のこと
を「預言者」と呼び、「予言者」とは異なるのだ
そうです!!

…初めて知りました。

そうかー。
使い方が違うんだなー。

この辺りの感想は、健介クンと同じ反応をして
しまいました、私(*≧m≦)=3


ムハンマドが起こした奇跡について語るとき、
寺脇博士は天馬の模型を動かしておられたの
ですけれど、その羽根の動かし方が「ぱたぱた」
されてて、可愛かったんですよーΣ(ノ∀`*)
↑あ!このぱたぱた、『137億年の物語』の
公式サイト様のバックナンバーに写真が掲載
されておりますー♪


路上でスマホの画面を食い入るように見た
挙句、黄色い悲鳴を上げて、お友達に注意
されてしまいましたv←オイ


毎回思うのですけれど、この番組の模型や、
紙芝居などの作品も、とても魅力的です!!

その魅力あふれる作品を、魅力的な出演者
の皆さんが使って歴史を語ってくださるん
ですから、見応えあります!!


今まで放送した分を、なんとかDVD化
してもらえないものでしょうか。

必ず購入して、口コミしたいと思います!!


うちの父上と母上も、歴史ものが大好きで、
この番組を見たら虜になると思うんだけど
なぁ…。

そして私は、寺脇博士の萌えポイントを
再確認Σd(ゝ∀・)テヘッ

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。