TOP > MCモノ > 勝手に親近感。テレビ『137億年の物語』第35話感想。

勝手に親近感。テレビ『137億年の物語』第35話感想。

Posted by cometiki on  

今回はイエスが主人公で、キリスト教の
お話でした。


寺脇康文さん イラスト テレビ 137億年の物語第35話 感想


相内助手が、取材に行って残った海外の
お金を数えていると、寺脇博士がひょっ
こり現れて、一言。

 寺脇博士「In God We Trust」

…寺脇博士は、英語も堪能な設定なので
しょうか?
なんとなく、そんな空気を持った発音でした♪

 寺脇博士「紙幣を見れば、その国がわかる
 んだよ?」

そしてその発音に気をとられている間に、
相内助手の手から紙幣を1枚抜き取る、
寺脇博士Ψ(☆w☆)Ψ

懐に入れようとする前に、相内助手から
叱られておりました。

寺脇博士の貧乏設定、活き活きしてますね!
個人的には、とても好みです!!



さて。
その紙幣に書かれた言葉から、キリスト教
のはじまり。
イエスの誕生へと、話が進みました。


そこで私は、初めて知るのですが…
イエスは元々はユダヤ人で、ユダヤ教だった
んですね?!
なんかもぉ、生まれたときからキリスト教を
背負ってたんだと思ってました。

…違ったんだなぁ。

自分が信仰している宗教で、どうしても
納得できない部分があって、それを改善?
していったら、キリスト教になりました。
…みたいな?←コラ


なんというか”神の子”という印象が強く
て、波乱万丈な人生だったけれども、人間
を超越している人なんだろうな、と。

そうじゃなくて、弱者の人をどうやったら
救えるだろうか?という、もっともっと
身近なきもちから始まっていたんだなぁ。


それは、三賢人と呼ばれる人とか、いろんな
人が思わず助けてしまいたくなるだろうし、
奇跡だって、起きちゃうよねぇ。
(うんうん)

いやに納得してしまったのでした。



親近感が増してきたところで、なんと!!

 寺脇博士「続きは来週!」

という、
未だかつてないことにっΣ(゚Д゚ノ)ノ

生徒の皆さんと一緒に「ええーっ!」と
叫んでしまったのは言うまでもありません。

ってことで、来週も引き続きキリスト教
のお話だそうです。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。