TOP > MCモノ > 反則ですっ!テレビ『137億年の物語』第37話感想。

反則ですっ!テレビ『137億年の物語』第37話感想。

Posted by cometiki on  

今日は放送ありませんでしたね。
『137億年の物語』。
今年の初回は1月11日とのことです♪
楽しみだなぁ。


さて、第37話の感想いきますv
2013年12月28日放送分です。


今回も、お仕事していて見られなかった
ので、お友達が届けてくれました!!
ありがとうございますっΣ(*´∀`*)

もー!!
ちゃんと見られてよかったです!!
寺脇博士のカワユさ大爆発でした!!
反則技と言ってもいい!!


相内助手が初詣の行き先を悩んでいる
ところに、寺脇博士登場…で・す・が、
手になにやらイボイボなツボを持って
おられるのです。


寺脇康文さん イラスト テレビ『137億年の物語』第37話 2014年1月4日


相内助手はツッコミもせず、そのまま
会話が続いてゆきます。


 相内助手「寺脇博士は、初詣どこへ
 行きたいですか?」

 寺脇博士「伊勢神宮には一度行って
 みたいなぁ。遷宮でどうなったのか、
 この目で見たいしな。あぁ…昔はお
 伊勢参りが一大ブームだったことが
 あるんだぞ。相内クン、今すぐ行って
 確かめてきなさい!」

 相内助手「今からですか?」

 寺脇博士「伊勢神宮を調べるのと、
 このツボが何か調べるのと、どっち
 がいい?」

 相内助手「伊勢神宮です…コレ(ツボ
 を指して)何なんですか?」

 寺脇博士「博士もわかりません!」
 ※実際は「私もわかりません」でしたw
  でも、響き的にはこっちが好きなので、
  「博士も~」にしてみました♪


この会話から妄想しましたのが、以下の
マンガになりますφ(・∀・*)


寺脇康文さん イラスト テレビ『137億年の物語』第37話 妄想マンガ1 2014年1月4日
寺脇康文さん イラスト テレビ『137億年の物語』第37話 妄想マンガ2 2014年1月4日
寺脇康文さん イラスト テレビ『137億年の物語』第37話 妄想マンガ3 2014年1月4日
寺脇康文さん イラスト テレビ『137億年の物語』第37話 妄想マンガ4 2014年1月4日


ええ。
マンガにまでしてしまうほどのパワーが
あったんですよー!!

でも、あくまで私の勝手な妄想です。
そうだったら楽しさ倍増なのになーと♪



本編については…オープニングでガッツリ
他のところへ意識を飛ばされておりました
が、伊勢神宮と呼ばれるのが1つの神社
ではなく、125の神社から成り立ってい
るのだ…ということを初めて知りました。

それから、外宮と呼ばれるところから、
内宮へ参るという参拝のしかたも。

ゆっくり歩いてまわりたいなぁ…と思った
ら、1日とかじゃ終わらないんでしょうね。
外宮すらまわりきれるか自信ないや。

ずっと行きたいと思っている、伊勢神宮。
折角行くんだったら、しっかり見てきたい
ものです。


あと!
エンディングの寺脇博士の
お部屋でまとめのコーナー?
では、「よいお年を」って
寺脇博士がーヽ(〃∀〃)ノ

年に一回しか聴けないことば
なので、高まりました!!



あと、あと!!
余談なのですが!!
この『137億年の物語』を父上に見せる
ことができまして…(お友達、多謝!!)

 父上「こりゃあええのぅ。勉強にもなるし、
 面白ぉてええわ。また次があったら、見し
 てくれ」

と、笑顔でゆわれたのですー!!
父上は歴史とか好きなので、ツボだと思って
たんですが、まさにっ!!

普段、寺脇さんモノに興味を示さない父上が
食いついてくる程の面白さ!!

やっぱりね、もったいないですよー。
こんな素敵番組っ(o≧∇≦)o
是非とも、全国放送にしてもらいたいです!!

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。