TOP > MCモノ > 2%未満の違い?!テレビ『137億年の物語』第40話感想。

2%未満の違い?!テレビ『137億年の物語』第40話感想。

Posted by cometiki on  

今回から、寺脇博士のお家が新しくなったようです!!
新しくなったというか、お引越しされたみたいで。
…窓がなくなっちゃったんだなぁ。

外、見えてたのに。
お庭もなくなっちゃったんだろうか。
…本編と関係ないとこが気になったりしています。


のっけから、相内助手が引越しのお片づけに追われていました。

寺脇博士はのんきに、チンパンジーの写真と相内助手を見比べながら、「似ている」とふむふむ。


そう!
今回は、ヒトと類人猿の違いについてでした。


 相内助手「似てないですよー!」と、憤慨

 寺脇博士「誰も、姿形のことを言ってないだろう?私が”似ている”と言ったのは、DNAのことだよ」

 相内助手「DNAですか?」

 寺脇博士「そう。人とチンパンジーのDNAは98%から99%同じと言われているんだ。その違いはなんと、2%未満なんだよ?」


その違いについて調べるべく、相内助手に指示を出す、
寺脇博士( `・ω・)ノシ

 寺脇博士「うきっw」と、サルの鳴きまねつきv

この、「うきっ」が可愛かったんですよー!!


寺脇康文さん イラスト テレビ『137億年の物語』第40話 2014年1月25日



話は本編から、全く外れるのですが…
わんこの役を舞台『HUMANITY』でされ、現在、『クザリアーナの翼』で”キジー”という役をされている、寺脇さん…。

お猿さんの役もやったら、一人で桃太郎のお供、コンプリートだぁ…と密かに思っていたのですが、番外編にて、コンプリート完了?!(*・w・*)←オイ
(置いといて)




人に進化するか、類人猿となるかの違いは、直立二足歩行か否かで…2%の違いとは、言葉を話し、コミュニケーションがとれるかどうか…ということだそうです。
(拙い理解の仕方で、申し訳ありません)

 寺脇博士「うきーっ♪」と、サルの鳴き真似で正解アピールv

二足歩行になったことって、ホントにすごい進化だったんだなぁ。



あと。
手話を扱えた、メスゴリラのココのお話もビックリしました。

2000もの言葉を理解して、研究者の人たちとコミュニケーションをとることができた…なんて、すごいなぁ。

しかも、”死”についての観念もちゃんとあって、それを「穴に落ちる」と表現するなんて…。


話そうと思えば、話せる…というか。
通じ合うことはできるんだねぇ。

けどそれは、類人猿に限らずいろんな生き物に当てはまるんだろうなぁ。


コミュニケーションをとることができるヒトが知恵を使えば、いろんなものと会話ができるんじゃないかなぁ…なんて、思ったのでした。
…ちょっと突飛かなぁ。


◼︎137億年の物語公式様のFacebookはコチラ


関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。