TOP > MCモノ > 凍りついてた地球?!テレビ『137億年の物語』第41話感想。

凍りついてた地球?!テレビ『137億年の物語』第41話感想。

Posted by cometiki on  

今回は、スノーボールアースについて。

地球ができて、23億年。
(まだ23億年なのかぁ…)

その間に、地球が丸ごと凍っていた
時期が3回はある…ということが、
わかってきたのだそうです。

この説明も、専門家のかたが詳しく
お話してくださったのですが…
いかんせん、理解できませんでした。

どうも、地層がヒント?らしいのですが。



地球が丸ごと凍るとは、どういうことか
というと…陸地はもちろん。

川とか海とかまで、凍ってしまうと
いうもので、この全凍結状態に比べれば
氷河期のほうが、まだ暖かいくらい
なんだとか。

気温は平均マイナス40℃からマイナス
50℃…どんな寒さなのか、もはや想像
すら出来ない数字です。



とりあえず、地球上の生命は絶滅の危機
を迎えるくらいに大変だったとのこと。

だけど、絶滅しなかったのは、凍りつく
中でも、活動していた火山のおかげなのだ
そうです。

その火山の近くで生き物たちは、細々と
死を免れながら生きていました。
…火山の近くには、温泉が湧くように、
わずかながらの水?があったといわれて
いるようです。


この火山がやがて二酸化炭素を程よい
状態に戻して、生命が活動できるような
環境にしてくれた、と。


寺脇康文さん イラスト テレビ『137億年の物語』第41話 2014年2月4日


この「地球がもどったー!!」のところで、
寺脇博士が真っ白な地球を、布でゴシゴシ
こすると、下から海や大地が現れました!

…また、
こすってるときの寺脇博士が、すっごい
無邪気でキラッキラの表情なんですよ!!

か、かわいいーΣ(ノ∀`*)←はいはい





そこからカンブリア大爆発へと、
奇跡みたいな進化がうまれるんですね!

命ってスゴイ。


こういう究極の進化?は、全凍結状態の
後によく起きている…と、寺脇博士が
語っておられました。



つまり。
物事にはすべて理由がある…ってことかぁ。

寺脇さんがよく言われていることばでも
あるなぁ(しみじみ)。



地球温暖化…と言われていながら、現在は
氷河期真っ只中!!なんだそうです。

その氷河期でも、間氷期(かんぴょうき)と
いわれる、比較的寒さの穏やかなところ
なのだとか。

今回ビックリしたのは、恐竜が生きていた
時代って現在よりも、もっと気温が高くて、
地球上に全く氷がないくらい暖かだった
ということです…。

暖かいっていうか、暑いんじゃ…。


真夏の暑さに唸ってましたけれど…恐竜に
してみたら40℃とか、涼しいくらいの
感覚なんだろうなぁ。

…私は生きていくの、無理だわぁ。
地球上に全く氷がないくらいってことは、
四季なんてものもモチロンないんだろうし。

「この暑さも3ヶ月の我慢よ!!」なんて
励まし、できないもんなぁ。


四季があるって、素敵。




最近。
寺脇博士の部屋でのつぶやきが、面白くて
楽しみが増していますv

地球温暖化のことについて語って…

 寺脇さん「(二酸化炭素は)程よいのが
 いいんだなぁ…」

とつぶやいて、溜息…

 寺脇博士「あっ!二酸化炭素多かった?」

と、慌てる仕草を見せる寺脇博士!!
この仕草が、すんごいカワイかったのです!!



次回から、新章突入とのことで更に期待も
高まります!!

そして、放送局も増えたらいいのになっ!!

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。