TOP > 地球ゴージャス > 舞台『クザリアーナの翼』感想。3・4観目ネタばれアリで!【前編】

舞台『クザリアーナの翼』感想。3・4観目ネタばれアリで!【前編】

Posted by cometiki on  

2月15日、16日。
赤坂ACTシアターで、地球ゴージャス
公演vol.13。
舞台『クザリアーナの翼』を観ました。



感想内の台詞や諸々のことにつきましては、
私の脳内加工済みのものとして、まるっと
本気になさいませんよう、ご注意ください。
まとまりのないものとなっております。

あと、ネタばれを含みますので、まだ作品を
観る前のかたや、内容を知りたくない!!
というかたは、このまま「もどる」をクリック
して、スクロールなさいませんようご注意
くださいませ。

いつもに増して個人的に感じたことなので、
舞台『クザリアーナの翼』として表現したかった
ものとは、多分、絶対異なります。
ご容赦ください。




1月に続き、3回目と4回目の観劇です。

お話の筋は変わることありませんが、
1月のときよりも、はるかに登場人物
たちが魅力的になってました!

出演者のかた全員が、よりその人に
なっておられた…というのでしょうか。

活き活き感が、ハンパありません!



寺脇さん演じる・キジーは、奴隷810の
ときのやる気のなさ感がUPしていたよう
にも思えたりw

その分、藤林美沙さん演じる・オミナエシ
さんのフォローが大変になっておられた
ようですが…。

このコンビならではの、上下関係もほのぼの
していて大好きです。

仕えてる人が、オミナエシさんだからこそ、
キジーもあんな風に自由にできてるんだろう
からなぁ。



あ!
お家に帰ってからの、歌のシーンでは、
小道具を沢山使うのですけれど、その場面で
歌い終わりにキジーが「大成功!」って、
楽しそうにするのが加わってました!!


寺脇康文さん イラスト 妄想 舞台『クザリアーナの翼』1 2014年3月17日


あの「大成功!」は、本当可愛い!!
歌のシーンで、一生懸命小道具使って
「うんしょ!うんしょ!」って超真剣な分、
激カワなのです!!


そして、あの歌のシーンで私は、どうしても
手拍子をしたくなります!!
嗚呼…大阪公演で、できないかなぁ。
↑まだ言うか




そして。
風間俊介クン演じる・ガンクツは、
よりお兄ちゃんになってましたよ!!
ちょっぴり気弱そうな、妹の尻に敷かれてる
感じの、お兄ちゃんw


ガンクツの妹・グースを演じる、
湖月わたるさんは、より可愛い妹に
なってました。

この兄妹のバランスは、いろんな意味で
最高です。

身長も、グースのほうが高くて、
頼りがいがありそうなのに、いざって
ときには、やっぱりガンクツがグース
のことを守るんですよね。

いつもは、グースがガンクツをハグ
するんですが、ここぞ!ってときの、
お兄ちゃんからのハグは、胸熱です!

そして、ガンクツの男らしい力強さを
見て、「うわぁあぁ…お兄ちゃん!」
と、勝手に客席で高まっております。

グースの幼くて、愛らしい雰囲気と、
その妹の出すワガママを、仕方ない
なと言いながら、包み込むように、
聞いてあげる、ガンクツ。

この兄妹愛が、前回よりも更に濃く
感じられて、はうはうしました!!
この部分を強く感じていると、後半が
より胸にくるというか…涙が止まらなく
なってしまいます。



そして、宮澤佐江さん演じる・コルリの
少年ぽい可愛いらしさも、炸裂しており
ました!!

グースの幼さが、より際立ってきた分。
コルリの元気いっぱいな、少女が鮮烈です。

コルリとグースも身長差がありますが、
並んだとき違和感ないというか。
コルリの雰囲気が、大きくてたくましいん
だなぁ…と思います。

ディッシュ民であることを、自覚して、
その立場で生きることを受け入れている
強さ、というのでしょうか。

理不尽な扱いを受けることには、怒りを
あらわにするものの、ディッシュ民として
生まれて、みんなに会えたことに感謝して
いるコルリは、誰よりすごい。



岸谷さん演じる・ウグイも、ある意味
ディッシュ民としての立場を受け入れて
いるんだろうな。

そして、要領がいい!←いい意味で!
ディッシュ民ではあるけれど、その中で
どうやって快適に生きていくものか?
というのを、考えてご主人様に仕えてるん
じゃないかなぁ…と。


だから、佐藤江梨子さん演じる・イグレット
が捕まったときも、波風たてないように、
待った!をかける。

仲間は大事だけれど、上の民族に牙を見せない
ように、どうにか上手くやれないだろうか?
の、待った!だと。

最下層の自分たちが、本当に仲間を助けたり
できるのか?って、思いもあるのかなぁ。


でも、ガンクツやグース、コルリ、キジーたち
の話を聞いていて、仲間を助けよう!!
になるんだなぁ。


あ!
ウグイダンサーズ(勝手に命名)が、ウグイに
振り回される回数が、更に上がっていて爆笑
しました!

原田治さん、ファイト!!←勝手に応援w
一人だけ、位置がウグイの前に立っていなくて
はいけないので、岸谷さんのアドリブに
ついていけないこと、しばしば…

それを楽しんでおられる皆さんだったりも
するし、私もめっちゃツボにはまっております。

今回は、風間由次郎クンも、岸谷さんに茶々
入れられていたなぁ。

ウグイとウグイダンサーズの仲良しな空気が、
いっぱいで微笑ましくなるのでした。




さて。
イグレットを助けに行くぞー!!って
なって、第二軍国民の人たちに出会う、
ガンクツたちですが…

第三種平国民の洋服を着ることで、ディッシュ民
らしさを消すものの…グースに似合うサイズの
スカートがなくて!←グース可愛い!!

みんなでワイワイするシーンも、茶々入れが更に
言葉豊富になってました♪

それぞれ言いたいことを、
言っておられる気がしますw


寺脇康文さん イラスト 妄想 舞台『クザリアーナの翼』2 2014年3月17日



そんなことをしていると、登場するのは
山本裕典クン演じる・ギゼル大佐。
キレっキレの空気感が、ハンパなくなってます!!

側に寄るだけで、皮膚切れちゃいそうな勢いです。

クールを通り越して、狂気(←いい意味で)が
ギゼル大佐を取り囲んでおります。

目で殺せるんじゃないか?と思います。
今のギゼル大佐なら、不可能ではないんじゃ
ないかなぁ。

例えようのない恐怖をはらんだ、人だから。



他の第二軍国民の皆さんから感じる、威圧度も
高まっていましたので…こっそり様子を伺う
ガンクツ、キジー、ウグイたちはホントに
冷や汗ダラダラだろうなぁ。

だって、怖いんだもん。
第二軍国民!!



怖いといえば、ギゼル大佐の上をゆく
スワン元帥!!(湖月わたるさん2役です)

雄雄しさが、眩しいくらいになっておられ
ましたですよ!!
…女性、なんですよね??←おい

男性って言われても、信じちゃうんじゃ
ないかってくらいにフェロモンが、すんごい
ことになっております。

だから、グースがスワン元帥と同じ人だ
って、気づけない人がいた…としても、
不思議じゃないっス!!
1月のとき以上に、別人ですもの。


すっごい短時間での早着替えですし…
SHITAPPER2のUSTで、
「どうなってるのか、見てみたい」と
3人が言われてましたけれど…。
ホント、見られるものなら見てみたいです。

「だって!さっきまでグースで居たじゃん!
そこにー!!」って、何回観ても思います。


そしてまた。
ひとしきりスワン元帥で踊った後には、すぐに
グースへと変身?されてガンクツたちと一緒に
なって「なんでアタイと同じ顔なの?」と、
きょとんってなってるんだものなー!!

湖月さんの、この魅力にはうっとりして
しまいます。



うっとりでいうなら、佐藤江梨子さん演じる
・イグレット!!

艶やかな色気と、美しさが芸術品みたいに
なっておられました。
ピカピカだもん。

儚そうにも見えるんだけど、それだけじゃ
ない輝きを秘めてる雰囲気。
色っぽいんだけど、どこか少女みたいで。
そのバランスがたまりません。

そりゃあね。
スワン元帥を虜にしてしまう訳ですよ!
…すっごい納得。


スワン元帥と、イグレットのやりとりも、
熱くなっていたように感じます。

そのやりとりに嫉妬する、ギゼル大佐も
また熱いんだなぁ。
剣でイグレットを脅したりもするけれど、
物質的なものよりも、ギゼル大佐の目!
目に慄くのではないか…と思いました。

あの近距離で、ギゼル大佐と対峙した日には、
寿命が3年くらい縮むんじゃないかなぁ。
迫力ハンパないっス!!



迫力といえば、中村雅俊さん演じる・
クエーサー大帝。

…でも、その前に登場する”妙に存在感の
あるオッサン”も、忘れちゃいけないです
よねー!!

雅俊さんの自由時間が、前回以上にすごく
チャーミングになっていた気がします!!

湖月さんといい、みんなズルイなぁw
(とってもいい意味で)


雅俊さんの、妙に存在感のあるオッサン
としての混ざり具合は、絶妙ですもん!

最初っから、ディッシュ民として登場して
いたかのような感じで…。
不自然さが全くない!!

オミナエシさん含め、みんなで肩を組んで
相談する場面とか、最高です!!
…一瞬なんですけど。


そして!!
毎回楽しみな、雅俊さんのアドリブソング!
なぜか2月16日は「わーわー」ゆって、
去ってゆく…という、斬新なもので♪

残された、ガンクツやウグイたちの
リアクションといったら…もー…
地団駄踏んで、笑ってしまいました!!


いつか企画で、雅俊さんのアドリブソング
特集とかやってくれたら、絶対聴くんだ
けどなぁ。

今、提案しても遅いのかっ!!
だって、毎回こんなに面白いだなんて、
想像してなかったんだもんっ!!

1月の時点で、アンケート用紙に大きく
書いておくべきだった…(猛省)。

いえ。
書いたからって、どうにかなるもんでも
ないかもしれないんですけれど…
どこかに提案しておかないと、現実化
するのは難しいですもんね。



それから、この妙に存在感のあるオッサン
からの!クエーサー大帝への変貌!!

ギャップが大きいから、余計に堪えます。

「あんたがクエーサー大帝だったのか」と
落胆も激しいですが…スパパーンッと、
カッコよくなられる姿も、また…ツボです。


ピラミッド型の舞台のてっぺんで、
第二種軍国民を従えてのダンス。
壮観です。


その姿を見上げる、キジー、ウグイ、
そしてオミナエシさん。

一気に現実を突きつけられた表情の3人
が、なんともいえないんですよねー!!


このときのキジーの瞳が、すんごく
キラッキラしてるんですよ…。
そこも好きです←はいはい


あ。
ここで第一幕終了な感じですね?

>後編はコチラ
 舞台『クザリアーナの翼』感想。3・4観目ネタばれアリで!【後編】

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。