TOP > つぶやき > 昨日見た夢の話。

昨日見た夢の話。

Posted by cometiki on  

久しぶりに、
ばあちゃんと弟君に会った。
2人とも元気そうで、よかった。



2人して、なにやら荷造りしてるので、
「どしたん?」と聞くと、「引越し
するんよ」と、弟君。


弟君は、よく引越しするので「またー?」
と言ってしまった。


すると「一緒に行く?」と聞かれたので、
「いや。うちは、ばあちゃんと行くから
いいや」と断ってしまった。


ちょっと不満そうな弟君だったけど、
なんかばあちゃんと行きたいきもちだった
んだ。


荷物を抱えた2人の前に机があって。
その上に、水色の綺麗な楕円のガラスを
見つけた。

私はガラスが大好きなので、飛びつこう
としたら「だめよ!それは、うちの
じゃけぇ!」と、ばあちゃんに止められて
しまった。


何個か並んでいたんだけど…どういう訳
だか、1個だけくれたなぁ。

それを手に持って。

「さて。これから、ばあちゃんとどう
やって暮らして行くかなぁ」と考えてた
ところで、目が覚めてしまった。


ばあちゃんと「これからなにかしなくて
は!」という夢は、大抵途中で終わって
しまう。

なんでだろう?
いつも消化不良で、申し訳ない。



花 2014年3月25日




「あの世はあると思うか?」


そう言われたのは、子どもの頃から
お世話になっていた、歯医者の先生。

先生が病気になられて、閉院するときに、
聞かれた。


私は「よくわからないですけど…
ないんじゃないですか?」と答えた。


そしたら先生は「あると思うとけ!
そうじゃないと、ワシが悲しい」と
言われた。


人は死んでも、あの世にいるんだ…と。
だから、たまには思い出せ。
そう言われた。


親族でもないのに…なんか、遺言を
聞いた気持ちになった。
(でも多分、間違ってないと思う)



以来。
あの世のことは、よくわからないけど。
ばあちゃんも弟君も、先生も。

目には見えないけど、まだみんな存在
している気がする。



どこに?と言われたら…どこだろう。
彼岸と呼ばれる場所になるのかなぁ。

たまに顔を見たいときは、夢に出てきて
くれるんじゃないか、と。
勝手に都合よく思っていたりするのだ。


昨日はさ、お帰りを言いそびれてし
まったから、また今度おいでね!

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。