TOP > MCモノ > 『カラダのキモチ』は、今週は血小板。

『カラダのキモチ』は、今週は血小板。

Posted by cometiki on  

止血の役目を果たす、血小板がテーマ。


プレゼンテーターの深沢邦之さんが、これからお話される
ことがボードに貼りだされているのですが…
文字が伏せられまくりでした。


 寺脇さん「伏せまくりですね(笑)。全然わかりません」
 と、正直に告白w


血小板は、血の中の0.5%しかないのだそうです。
そんなわずかな存在が、働き過ぎると別の病気を引き起こす
原因になるのだとか。



寺脇康文さん イラスト カラダのキモチ 2011年10月9日



生活習慣病である、糖尿病や高血圧によって、血小板同士が
くっついてしまい、血管を詰まらせることになるそうです。

本来の良い力が、悪い方向に使われてしまいます。



そして、献血の重要性についても語られました。
献血には「全献血」と「成分献血」という方法があるそう
です。

成分献血というのは、血小板献血のことで、献血する人の
負担も軽いので、全献血よりも献血に行ける回数が多い
のだとか。

また、血小板は固まらないよう、揺らしながら保存されて
いるそうです。
保存できる期間は4日間。

その間に、ガン治療に使われたりするそうです。


ただ、献血をするにしても、自分の健康を維持することが
大切だ…というお話もされました。


※感想内の諸々のことにつきましては、私の理解が
 足らない部分も多いかと思います。
 まるっと本気になさいませんよう、ご注意ください。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。