TOP > Act Against AIDS > Act Against AIDS 2014 in 武道館感想!今年はコラボが盛り沢山!

Act Against AIDS 2014 in 武道館感想!今年はコラボが盛り沢山!

Posted by cometiki on  



Act Against AIDS 2014 in 武道館!目玉はコラボ!


2014年12月1日に、日本武道館で行われた、エイズのチャリティーコンサートに行ってきました。

寺脇康文さんと、岸谷五朗さんが進行役を務められる、このコンサートは、毎年12月1日に開催されているもので、今回で22回目となります。

毎回、ミュージシャンのかたや、役者のかた、お笑いのかたなどなど、ジャンルを問わずに、いろんなかたが登場して、ステージを盛り上げてくださいます!

中でも今回、新しい企画は"コラボ"でしょうか!!

ミュージシャンのかた同士のコラボに始まり、ポルノグラフィティの岡野昭仁さんと、新藤晴一さんが、平岡祐太さんと、ギターでコラボ!さらにそこへ、春馬クンがヴォーカルで加わるという、まさにAAAでしか見られないコラボでした!

春馬クンはその後も、flumpool(フランプール)のヴォーカル、山村隆太さんと、ギターで共演されたのです!

また、吉高由里子さんと、鈴木亮平さんは、NHK連続テレビ小説『花子とアン』の設定で、恋文のリーディングをされました。

今年は「これぞ!AAA!!」という雰囲気が濃かったのが、特徴です!!

三浦春馬クンが大活躍!!


オープニングから、ステージに一人で登場する、春馬クン。

寺脇さんや岸谷さんが登場すると、一緒に歌や踊り、ボケてみたりと、様々な表情を見せてくれました。

さらに春馬クンは、支援活動を行っている、ラオスへも取材に行かれ、その様子をVTRで紹介されたのです。

ご自身が現地で感じたことを、わかりやすく、多くの人へ伝えようと、一生懸命に言葉を選んでおられました。

春馬クンの「ご協力お願いします」は、真新しい白球で胸のど真ん中に、ズドンとストライク投げ込まれるような感じです。

エンディングでも、寺脇さん、岸谷さんと共に進行役側で、春馬クンはキリッと締めの言葉を語られました。



寺脇康文さんと岸谷五朗さんのトークがたまりません!


チャリティーコンサートといえば、メインは歌!ですよね。

でも私は、その歌と歌の合間に行われる、参加してくださったゲストの方々の紹介をされる、寺脇さんと岸谷さんの司会進行が大好きです!

寺脇さんと岸谷さん、お二人の掛け合いはもちろんなのですが、そのほんわかとした空気につられて、ゲストの方がふわりと自然体な表情をされます。

笑ったり、照れたり、AAAに参加されて長い方や、過去に寺脇さんや岸谷さんと共演されていると、その思い出を共有されているので、お話が深まるのです。

惜しみなく思い出をお話してくださる機会は、滅多にないので嬉しくなります!!


高橋優さんが、デビューして間もない頃に、AAAの仮歌(バンドのかたの練習の為に歌うことだそうです)を入れておられたお話は、何度聞いても大好きです!

春馬クンや、佐藤健クンの仮歌を入れていた、高橋さんは2階席から、本番を見ていたと話されます。

寺脇さん「みんなさ、夢を諦めないで欲しいよね?」

岸谷さん「そうだよな!優は、あそこから(2階席)ここ(ステージ上)にこれたんだもんな!」

高橋さん「そうですよ!」

※上記会話の内容は、cometikiの脳内で加工されていると思います。ご了承くださいませ。



寺脇さんと岸谷さんのお話からは、いつも楽しい思い出だけじゃなく、一緒に夢までいただいちゃうんです!←勝手に

「よし!私も一緒に、武道館のステージで歌いたい!」ってことではありませんが、"持っている夢"を応援してるからね!と、背中を押してもらえた気持ちになります。


来年は、少し成長してAAAに参加できるといいな。
夢を少しでも形にした状態で!そんな気持ちになりました。


私の感情丸出しレポートは、また後日書きたいと思います♪
お時間ありましたら、覗いてみてください。

帰りの新幹線の中から、更新。






最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!
もしも、こちらの記事に興味を持っていただけたら、シェアしていただけると喜びます(*ノ゚▽゚)ノ♪

Twitterもやっておりますので、お気軽にフォローください!!
フォローいただくとブログの更新情報を、もれなくお届けできます♪
cometiki(こめちき)


関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。