TOP > LOVE×LOVE > こんな役の寺脇康文さんが見たい、という妄想。

こんな役の寺脇康文さんが見たい、という妄想。

Posted by cometiki on  

妄想寺脇さん 2015年5月27日

ラジオ『桑田佳祐のやさしい夜遊び』の放送から妄想発生


先日、ラジオ『桑田佳祐のやさしい夜遊び』の代行DJで、いろんな設定で様々な役をアドリブで演じられた、寺脇康文さん!

寺脇さんのアドリブ劇を聴いていたら、「こんな寺脇さん、見たいなぁ…」という欲が湧いてきたので、久しぶりに妄想を展開してみます。
物語を書くまでには至らなかったのですが、設定はできました!

底抜けに明るい、お人好し!名前は、大月 空(おおつき そら)とします。
50歳だけど、これまで定職に就いたことがない男性。

Sponsored Links

定職に就かなかったのは、競争とか派閥争いが苦手なため、誰かがクビになりそうな事態が起きると「じゃあ、僕が辞めますんで」と、仲裁に入って辞表を出してしまうから。

空は、絶対叶えたい夢とか希望を、特に持っていない。
ついでに、家族(妻子)も持ってない。
友だちと呼べる人も少ないけど、生きることは楽しい!という人間です。


オムニバスで…各回に主役は別にいて、主人公の空は脇役みたいな感じです。
なぜ脇役っぽいかというと、毎回、空の働く場所が変わるから。
そして、その職場の1人が各回の主役になります。
…わかり辛いですね…。


妄想物語はこんな感じです


■和音の場合

舞台は、商社の営業。
バリバリの仕事人間な30代の女性・松永和音(まつながかずね)が主役です。

男性ばかりの職場で働く和音は、常に負けないようにと神経を尖らせていた。
ミスをしないことはもちろん、どんなに仕事が忙しくても、誰にも頼ろうとしない。
1人で遅くまで残業したり、家に仕事を持ち帰って"完璧"であろうとし続ける。

実家暮らしの和音は、両親から「無理しないで」と心配されているが、「忙しい部署で働いているんだから、これくらいは当たり前!」と聞く耳を持たない。

"完璧"な自分ではあるが、職場ではどこか浮いている、和音。
その違和感を拭うために頑張るが、逆に異質であることが浮き彫りになってしまう。
なにが原因かわからないまま、イライラだけが募ってゆく。

そして和音のイライラは、パート事務員の空へ向けられる。

見積書と請求書のフォーマットを間違えて作成したり、相手先に持って行く資料のコピー枚数を間違えたり…ミスをすることが多い(と感じられる)からだ。

「どうしてもっと、ちゃんとしないんだろう!」と、和音は怒りを覚える。
しかし、空の周りには営業員たちが集まって、談笑することが多いことに気づく。
ミスをしても、叱られはするがフォローしてもらって大事には至らない。

なにより営業員たちが、空を必要としていることが伝わってくる。
「え?ちょっと、おかしくない?私、こんなに頑張ってるのに…なんで?」と、悶々とする和音。

飲み会で空と話をする機会ができたとき、和音は酔った勢いで日頃の恨みつらみを空本人にぶちまける。
すると「それは、しんどいですね。1人でそんなに頑張っておられるなんて、大変でしょう…お疲れ様です」と、空に労われてしまう。

完璧にできることは、素晴らしいけど、周囲にいる人に助けてもらうのも、悪いことではない…ということを、空から教えてもらう、和音。

労ってもらったことと、空からのアドバイスで、肩の力が抜けた和音は、それまでより幾分楽に仕事に取り組めるようになったのだった。


■直生の場合

舞台は、コンビニ。
夢も希望も持っていない、20代の男性・西岡直生(にしおかなお)が主役です。

フリーターの直生は、コンビニのバイト仲間として空と出会う。

大学で就職活動をしたものの、内定がもらえないまま卒業してしまった。
周囲の友だちは、正社員として立派に働いていたり、結婚して家庭を持つ者もいる。
焦りが増してゆく、直生。

バイトをしながら正社員の求人を見つけては、面接を受ける日々。
しかし、テキスト通りの受け答えを繰り返す内、「自分は本当は、なにがやりたいんだろう?」と、わからなくなっていた。

立ち止まって考えてみると、自分には夢も希望もないことに気づく。
「このままでいいんだろうか?」と不安を覚える直生は、バイト先の空に相談する。
いつも笑顔で、底抜けに明るい空に、前から興味を持っていたのだ。

すると「あー…僕は今まで、定職に就いたことないからなぁ」と、笑い飛ばされてしまう。
「え?そんなので、大丈夫なんですか?」と、なにが大丈夫なのかわからないが、直生は反射的に問い返す。

「僕にはこの生き方が合ってるし、毎日が楽しかったら充分だよ。自分に無理して、生きることを嫌いになるよりは…まぁ、いいかなぁ…」
そう言って、ふわりと笑う空を見て、「そっか。夢とか希望とか、特に持ってなくてもいいんだ」と、直生は妙な安心感に包まれたのだった。


…という感じで、生きるのに苦しかったり、不安を覚えている人が、空と関わることで、肩の荷を下ろして歩き出せるようなお話が、見たいのです。

上では、主役となる人の側ばかり書いてますが…空に気持ちを吐き出す前に、もっとガッツリ空と関わってもらって、空の不思議な雰囲気を体感?する場面があればいいなぁ。

「当たり前って、当たり前じゃないし、別の考えがあってもいいよ」みたいな。
「生きることを嫌いにならなけりゃ、それだけで充分だよ。やっていけるよ」と…寺脇さんに、言って欲しいだけなのかもしれません。


あ!
空の髪型は、おとなし目の茶色で、少し長めだと嬉しいです!
ふんわりした感じのっ(*ノ∀`*)

…妄想は果てしなく続くのでした。
関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。