TOP > 外部公演 > 舞台『プルートゥ PLUTO』の放送がEテレシアターでありました!

舞台『プルートゥ PLUTO』の放送がEテレシアターでありました!

Posted by cometiki on  

舞台『プルートゥ PLUTO』Eテレシアター放送 2015年5月29日

寺脇康文さんご出演の舞台『プルートゥ PLUTO』の放送がありました!


舞台『プルートゥ PLUTO』は、浦沢直樹さん×手塚治虫さん原作、長崎尚志さんプロデュースのマンガ『PLUTO』を舞台化されたものです。

2015年1月9日から2月1日までは、東京のBunkamura シアターコクーン。
2015年2月6日(金)~2月11日(水・祝)までは、大阪の森ノ宮ピロティホールで上演されました。
その舞台が、2015年5月24日(日)にEテレシアターで、放送されました!

主人公のアトムを演じられた森山未來さん、アトムの妹・ウランとヘレナの2役を演じられた、永作博美さん、ゲジヒトを演じられた寺脇康文さん、そして演出家のシディ・ラルビ・シェルカウイさん4人のインタビュー映像もありました。

舞台『プルートゥ PLUTO』の役作りについてや、マンガの世界観をどう表現して伝えることに力を注いだか…といったお話が聴けます。

Eテレシアターで放送された、舞台『プルートゥ PLUTO』はNHKオンデマンドで配信…という文字がエンドロールに書かれていたのですが…現在も見られるのかは謎です。
放送期間を検索したのですが、番組名すら見つけられませんでした←検索下手

Sponsored Links

接客ロボットpepper(ペッパー)君1 2014年12月3日
2014年12月1日、有楽町にあるビックカメラ様店内で撮影許可いただいたpepper君

接客ロボットのpepper(ペッパー)君が登場した回でした!


放送を見て驚いたのは、接客ロボットのpepper君が登場している回だったこと!
彼はスペシャルゲストとして計3回、舞台に上がっています。
逆に言えば、それ以外は登場していないんです!!


 >東京公演の感想はコチラ
 舞台『プルートゥ PLUTO』東京公演感想ネタばれアリ!前編
 舞台『プルートゥ PLUTO』東京公演感想ネタばれアリ!後編

 >大阪公演の感想はコチラ
 舞台『プルートゥ PLUTO』大阪公演感想。


正真正銘のロボットであるpepper君が、どんな感じで舞台『プルートゥ PLUTO』の世界に居たのか、ずっと気になっていました。
それがこのEテレシアターで、見ることが叶ったのです!!

か、かわいいなぁ!pepper君!!

小さな身体ながらも、しっかりとした存在感を放っていました!
役柄は、お茶の水博士の研究室で働くロボットです!
セリフは無かったようですが、アトム役の森山さんに片手を上げて応えたり、アトムの手術中にカルテ(なのかな?)を持って立っていたり!!

ちゃんとお芝居しているように、見えました!!
舞台『プルートゥ PLUTO』ならではの、pepper君とのコラボだなー!!と思って、大興奮ですっ!!


カットされている部分の演者さんたちの動きが見たい!!


物語の流れとしては、全然影響がない部分なのかもしれませんが…微妙にカットされている、演者さんやダンサーさんたちの動きが見たいです!!

中でも、ゲジヒトとヘレナがテーブルで会話をする場面。
2人の会話が一旦中断されて、台詞が無しでテーブルとイスを90度回転させるのです。

この回転も、演者さんとダンサーさんのコンビネーションで、すごく機械的な(←いい意味です)動きになります。
うっとりする程、綺麗で大好きなシーンでした。

他にもACT2の始めで、アブラー博士にチップをねだる男性の…その行動に移るまでの、ダンスシーンや、地震が起きる前の女性のダンスシーン(短くなってる気がしたのですが、気の所為かなぁ?)も…とても素敵だったので、ガッツリ見たかったです。


映像になっている分、演者さんたちの表情がアップで見れたこと。
マニピュレータとして演じておられるときの、ダンサーさんたちも細かく見られたことは、とても嬉しかったです!

あと、ロボットたちもあんなに間近で見られるなんてっ!!感動だっ!!
ブラウ1589は、迫力が増すし…花売りロボットのアリ君や、ロビタ君は可愛さが増しました!


叶うなら、是非ともノーカット版の舞台『プルートゥ PLUTO』が、見られますように!!
ノーカット…欲を言えば、休憩時間中の映像も見たいのです。
第2幕に備えて、幕が下りているステージ上で、スタッフさんが道具を整えたりされていた(ハズ)…その姿もっ!!

あと、ステージ前のロボットたちのオブジェも、ズラーッと見れたらいいなぁ。
いろんなアイテムが織り交ぜてあって、本当にワクワクしました。
舞台の…物語の一部として、見られたらさらに楽しみが増すと思うんですっ!
関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。