TOP > スペシャルドラマ > 寺脇康文さん主演ドラマ『守護神・ボディガード進藤輝4』感想。

寺脇康文さん主演ドラマ『守護神・ボディガード進藤輝4』感想。

Posted by cometiki on  

ドラマ『守護神・ボディガード進藤輝4』感想イラスト1 2015年7月27日

ドラマ『守護神・ボディガード進藤輝4』が放送されました


2015年7月13日(月)21時よりTBS様にて、寺脇康文さん主演ドラマ『守護神・ボディガード進藤輝4』が放送されました!

このページでは、『守護神・ボディガード進藤輝4』を見た感想を書いていきます。

寺脇さんは、民間ボディガード会社"パーフェクト・プライベート・ガード (PPGと略して呼ばれます)"で働く、元刑事の進藤輝を演じられました。

会社の社長には、元副総監の社長・服部敬一(伊東四朗さん)、デスクワーク専門の和田 漠(小倉久寛さん)。
ボディガードの真壁直史(柏原収史さん)、長久保吉乃(平田 薫さん)、鈴木優太(今野浩喜さん)といった個性的なメンバーが揃っています。

染谷将太さん演じる、山本勇弥クンは今回、海外研修に行っている…という設定で、出演され
ませんでした。

輝さんと山本クンの師弟関係に萌えていたので、お2人の姿が見られないのは残念です。
しかし新人の鈴木クンは、キャラがパキンと映えてて面白かったなぁ。
鈴木クンのテンションに圧倒される、輝さん…という、新しい絵も見れたし新鮮でした!

Sponsored Links

『守護神・ボディガード進藤輝』はシリーズもので、過去に3回放送されています。
ドラマ『守護神・ボディガード 進藤輝』
ドラマ『守護神・ボディガード 進藤輝 Episode2』
ドラマ『守護神・ボディガード 進藤輝 Episode3』

>公式サイト様⇒みどころ│TBSテレビ:月曜ゴールデン

花 バラ1 2014年7月2日

輝さんはやっぱり、輝さんらしくて愛しさが増しました


ざっくりと『守護神・ボディガード進藤輝4』のあらすじ、書きます。


輝は、PPGの顧客である大崎大造(佐藤二朗さん)と、デスクワーク専門の和田に連れられ、婚活パーティに参加する。
3人で話していると、沢渡ひとみ(中島ひろ子さん)がやって来て、南 麻希(葉月里緒奈さん)を紹介したいと申し出る。

会場には麻希の幼馴染である、堂園健一郎(葛山信吾さん)の姿もあった。
再会を懐かしむ2人を見守りながら、気乗りしなかった輝はその場を後にする。

1カ月後、麻希の元に脅迫状が届く。
彼女を心配したひとみが、PPGにやって来る。
麻希と健一郎の交際を、よく思っていない人間からのものらしい。

事情を聞いた輝たちは、麻希のガードにつく。
彼女への嫌がらせがエスカレートしてゆく中、健一郎が襲われる。

PPGは麻希と健一郎、両方をガードしながら、周辺の事情を探っていった。
すると健一郎の弟と妹が、彼の遺産を狙っていることがわかる。
詳しく調査をしていたとき、三男の堂園剛志(林 剛史さん)が殺害された。
また、健一郎も入院先の病院から連れ去られてしまう。

麻希は「自分が囮になる」と提案し、輝たちに協力し真犯人の沢渡 悟(湯江健幸さん)をおびき出すことに成功する。

悟は学生時代、麻希に告白して振られたことを恨んで、犯行に及んだのだった。

ドラマ『守護神・ボディガード進藤輝4』感想イラスト2 2015年7月27日

結ばれる人とは、なにがあっても結ばれるんだなぁと。


放送前に「輝さんが婚活パーティに参加する」と聞いて、全く想像がつきませんでしたが、大崎さんと和田さんに連れられて、無理矢理参加させられたんですね!
申し訳なさそうに、奥さんと息子さんの写真を見つめる輝さんが、可愛いかったです!

隙あらば帰ろうとする輝さんを、必死に引き止める大崎さんと和田さんのコンビネーションも抜群で、笑いが止まりませんでした!!
大崎さんも和田さんも、輝さんのために…と思って一生懸命なので、微笑ましいのです。

愛されてるなぁ…輝さん。


そして、見終わって思ったのは、すごく単純なことでした。
「結ばれる人とは、なにがあっても結ばれるんだなぁ」と。

悟さんの恨みから起こした犯行さえ、麻希さんと健一郎さんを結びつける手助けになっているように見えました。
障害を2人で乗り越えて、手をとり絆を深めてゆくような。

この事件が起きなかったら、麻希さんは旦那さんを想って、健一郎さんを受け入れなかったかもしれませんもんね。
ご縁というか…人と人とを引き合わせる、不思議な引力ってあるんだなぁ…と思いました。


こんなに綺麗に目に見えるのは、もちろんドラマだからなんでしょうけれど。
微かにでも感じたものを、掴むことができたなら…繋がれるのかなぁ、現実でも。
なんて、夢みたいなことを想いました。
関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。