TOP > LOVE×LOVE > ドラマ『花咲舞が黙ってない』第1話の寺脇康文さんを見て膨らむ妄想。

ドラマ『花咲舞が黙ってない』第1話の寺脇康文さんを見て膨らむ妄想。

Posted by cometiki on  

寺脇さん妄想イラスト 2015年8月20日

二重人格役の寺脇康文さんを見たいと思いました!


ドラマ『花咲舞が黙ってない』第1話の寺脇さんを見て、妄想が膨らみました!

支店の売上を上げるためなら、詐欺まがいのことまでやってしまう、橋爪支店長を演じられた、寺脇さん。
さらに行員のみなさんを見下した、冷たい瞳とキツイ言葉遣いは、見ているだけで胃が痛くなりました。

他にも自分の気持ちを伝える言葉はあるハズなのに、あえて相手に痛みを感じさせる言葉を選ぶという態度。

橋爪さん自身には、相手を傷つけてやる!とか、そんな意識はないのかもしれませんが…痛い言葉を使われるかただなぁ…と、思いました。

Sponsored Links

寺脇さんが、こういう言葉遣いや態度をとる人を演じられるのが珍しくて、ビックリしたと同時に「いつものお日様みたいな寺脇さんと、ミックスしたらワクワクしそうだ!」と、妄想が膨らんだのです。

寺脇康文さんゲスト出演回!ドラマ『花咲舞が黙ってない』第1話感想。
も書いてます


二重人格だということに、悩む役とかどうでしょう?


普段は温厚な性格なのに、あるきっかけにより突然口汚く、乱暴な態度をとってしまう。
そして、そのときの記憶もしっかり持っているため、悩み苦しんでいる…という設定です。
イメージは、映画『満月のくちづけ』で寺脇さんが演じられた、沢田先生!!



悪魔に取り憑かれてしまい、意識をどんどん奪われていってしまう…というもの。

普段の沢田先生が、穏やかでユーモアのセンスもあり優しい分、悪魔に支配されてからの姿は、狂気に満ちていて恐ろしいです。
…とはいえ、その恐ろしさの中にも、色気や美しさが見えるのも、寺脇さんならではかもしれません!

なので二重人格役の寺脇さんを想像すると、その魅力にちょっと涎が出てしまいます。

ドラマでは難しいかもしれないので、映画や舞台で見られるといいなぁ。
特に舞台ならば、寺脇さんの陰と陽がパキッと変わる瞬間を、生で観られる訳です!!
これは劇場の客席で興奮して、鼻血大放出確実!!!

どんな物語なら、こういう設定の役があるのでしょう?
観た過ぎますっ!!
関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。