TOP > スペシャルドラマ > 寺脇康文さん主演ドラマ『検事 沢木正夫3 共犯者』感想。

寺脇康文さん主演ドラマ『検事 沢木正夫3 共犯者』感想。

Posted by cometiki on  

寺脇さん 妄想イラスト ドラマ『検事 沢木正夫3 共犯者』感想1 2015年10月1日

沢木さんの子ども時代を知れた貴重な作品でした!


寺脇康文さんが、公平な目で容疑者を見つめる検事・沢木正夫を演じるドラマ『検事 沢木正夫』の第3弾『共犯者』が、2015年8月19日(水)にテレビ東京様で放送されました。

おおまかに、あらすじを書いてみます。
超解釈な上、ネタばれを含みますので、ご了承ください。

「東和カルチャーセンター」の学長・辻川義和(大和田獏さん)が、殺害されます。
犯行現場は、人通りの少ない路地でした。
そこで、犯人は顔見知りではないかと推理されます。

Sponsored Links

辻川の周囲を捜査してゆくと、彼がやり手の経営者で強引なところがあり、敵が多かったことがわかるのです。
ホームパーティーを開いた際にも、不吉なプレゼントが届いたことがわかりました。

そんな中、沢木(寺脇さん)は偶然、中学時代の親友・瀬崎勝(中村橋之助さん)に再会。
瀬崎が「東和カルチャーセンター」で、講師として働いていることを知ります。
また、同じ職場の藤木玲奈(高橋かおりさん)と、結婚を前提として付き合っていることを報告されるのでした。

しかし玲奈は、殺害された辻川とも関係のあったことがわかります。
事件は、瀬崎と玲奈、そして辻川の三角関係によるもつれから、起きたのではないか…と考えられました。

辻川家の家政婦・市村みどり(水木薫さん)からの証言で、怪しい男が浮かんできます。
その男・篠田洋介(遠藤要さん)は、辻川の妻・嘉穂(国生さゆりさん)のストーカーでした。

嘉穂が辻川から乱暴に扱われていることを知り、彼女を救うため篠田は辻川を殺害したのです。
ところが、篠田の行方が掴めません。

沢木の事務官・国松敏夫(嶋田久作さん)が、瀬崎の過去を調べてきます。
瀬崎は過去、嘉穂と付き合っていたことがありました。
瀬崎は嘉穂とドライブをしていたとき、事故を起こしピアニストだった彼女の手を傷つけていたのです。

瀬崎は再び出会った嘉穂が、不運な結婚生活を送っていることを知り、彼女を助けるため、篠田を使って辻川を殺害しました。
そして今度は、篠田を口封じのために殺したのです。

 >公式サイト様⇒水曜ミステリー9:テレビ東京

現在の沢木さんを作ったのは、瀬崎さんだったんだなぁ。


中学時代の親友・瀬崎さんと出会った時の、沢木さんの嬉しそうな顔は、本当に印象的でした。
今までに見たことがない、少年の面影がある笑顔で…沢木さんが、瀬崎さんを大切に想っておられることが伝わってきたのです。

瀬崎さんが語ってくれた、中学時代の沢木さんは、純粋で真面目な現在の沢木さんそのままで、なんだか笑ってしまいました。
沢木さんって、いい意味で変わってないんだなー…と!

中学1年のとき、東京から沢木さんのクラスへ転校してきた、瀬崎さん。
まだ2人がロクに話もしていないとき、不良に絡まれていた沢木さんを、瀬崎さんが助けてくれました。

それは沢木さんにとって、衝撃的な出来事だったそうです。
会って間もない人間が、自分のためにお金を渡し、土下座までして救い出してくれるなんて!

沢木さん「あの時、信じることの難しさを学んだよ」
>引用:ドラマ『検事 沢木正夫3 共犯者』 2015年8月19日(水)放送より



お2人の昔話を聴いて「ああ…だから沢木さんは、あんなにも"人を信じることができる"んだ」と納得しました。

容疑者として目の前に座る人を、沢木さんは疑いの眼差しで見ることはありません。
それがとてもすごくて、どうしてそんなに「スッ」と信じることができるのか、不思議で仕方なかったのです。

でも中学時代、瀬崎さんに救ってもらった経験があるから…そのことがすごく嬉しくて、勇気をもらったから…ずっとそのきもちを忘れずに居られるんだなぁと思いました。

そんな沢木さんを、改めて尊敬してしまいました。

寺脇さん 妄想イラスト ドラマ『検事 沢木正夫3 共犯者』感想2 2015年10月1日

沢木さんと国松さんのやりとりが多くて萌えました!


『検事 沢木正夫』の中で大好きなコンビが、沢木さんと国松さんです!!
上司と部下という関係性を保ちつつも、それ以上の絆が感じられます。

沢木さんは、国松さんのことをパートナーのように思っておられるようですが、国松さんは自分の領分をわきまえておられる…というか…男の人の3歩後ろを歩く、控えめな女性のようです。
決して出しゃばらず、それでいて沢木さんをしっかりと支えておられるのでした。

今回は、沢木さんの親友が事件に絡んでしまう…ということで、沢木さんの心境や身体のことを、国松さんがいつも以上に気にかけておられたように思います。
お茶を淹れるタイミングとか、声をかけるときの間に、深い愛を感じました。

沢木さんもまた、国松さんの想いをちゃんと受け取って、感謝の気持ちを伝えられるのです。
「ありがとうございます」にこもる、言葉以上の想いとか…上手く表現できませんが、きっとお2人の間では確かなものなのだろうなぁ。


自分がその場所に居る訳でもないのですが、沢木さんの検事室はとても居心地がよさそうに見えます。
それは、沢木さんと国松さんが作り上げる、信頼関係がふわりと部屋を包み込んでいるからかもしれません。

私、もしも沢木さんの検事室に行けたなら、ソファで眠れる自信あります!←オイ


またいつか、沢木さんと国松さんにお会いできますように!!
関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。