TOP > 外部公演 > 舞台『MY FAIR LADY マイ・フェア・レディ』東京公演ネタバレ感想-2016年7月16日

舞台『MY FAIR LADY マイ・フェア・レディ』東京公演ネタバレ感想-2016年7月16日

Posted by cometiki on  


東京芸術劇場で『マイ・フェア・レディ』を観劇してきました!


2016年8月10日(日)まで、東京芸術劇場で上演されている、舞台『MY FAIR LADY マイ・フェア・レディ』。
東京公演の後、名古屋・大阪で地方公演が行われます。

名古屋公演は、2016年8月13日(土)~2016年8月14日(日)まで、愛知県芸術劇場 大ホールにて。
大阪公演は、2016年8月20日(土)~2016年8月22日(月)まで、梅田芸術劇場 メインホールにて行われる予定です。

今回は、2016年7月16日。
東京芸術劇場で行われた、夜公演の感想を書きます。
ネタバレを含みますので、苦手な方はご注意ください。

Sponsored Links

夜公演のイライザは、真飛聖さんでした。
そして、ヒギンズ教授を寺脇康文さん。
ピッカリング大佐を、田山涼成さん。
ドゥーリトルを、松尾貴史さん。
ピアス夫人を、寿ひずるさん。
フレディを、水田航生さん。
ヒギンズのお母さんを、高橋惠子さんが演じられました。

3年ぶりの『マイ・フェア・レディ』!!
ヒギンズ教授が大好きだったので、楽しみで仕方ありません!!

ヒギンズ教授の子どもっぽさが増してて最強!!

ビックリしたのは、ヒギンズ教授の無邪気さです!
子どもっぽさが倍増し、”ヤンチャ坊主がそのまま大きくなった”感じ。
喜怒哀楽が激しくて、笑ったり、怒ったり表情も動きも豊かでした!!

基本…楽しむことに全力を費やしていて、悩んだり、考え込むのが苦手。
人の意見(言葉)も自分の考えに変換して解釈し…相手の気持ちはお構いなしに、どんどん話をひっくり返していきます。

そして、相手が自分の考えに納得し(納得せざるを得なくなって)、考えを変えるのを見て、なにより面白がっている様子。
そこに悪気は無くて、単に全力で楽しんでいるようです。

そのとき相手が悲しくなったり、嫌な想いをしていることは、わからない…想いもしていない感じで。

イライザに対しても、終始その態度。
見かねたピッカリング大佐とピアス夫人に諭される場面では、ふくれっ面でイライラして…「ヒギンズ教授、子どもですかっ!?」と、ツッコミを入れたくなる可愛さでした。

また。
イライザが何度教えても「ひ」と上手に発音できないことに対して、ヒギンズ教授は椅子の上で逆立ちする勢いでからかいます。
…そこまで、“できない”ことを思い知らせるなんてなー。
大人として、どうなんだろう?

弟子がいたこともあるようだから、先生らしくもできるのでしょうが…ヒギンズ教授はイライザに対しては、家族の前で以上に素の部分を出している気がしました。
それが、気を許してるってことなのかな。

それがどういう意味なのか、ヒギンズ教授は随分長い間気づきません。
…ヒギンズ教授の一挙手一投足から目が離せなくて、イライザがヒギンズ教授にときめいた瞬間を、見逃してしまったくらいです。

ヒギンズ教授とピッカリング大佐、ドゥーリトルのやり取りがたまらん!


前回とても好きだった、ヒギンズ教授とピッカリング大佐、ドゥーリトルの掛け合い。
今回もテンポよくて、笑いっぱなしでした!!
この3人なら、いつまでも会話が続く気がする。

物語の展開上、一度しか観ることができませんが、だからより大好きなのかもしれません。
男同士でワチャワチャと話すのを観ているの、とても楽しいです!

ドゥーリトルの酔いっぷりは、100年物くらいに浸っているし。
なのに…だからこそ、しっかりしている金銭感覚?だし。
独自の信念で、ヒギンズ教授さえ感動させてしまうほど。

そんなドゥーリトルに、興味を惹かれまくりのヒギンズ教授が、可愛いくて。
そのうちドゥーリトルの一言一句を、メモりそうだなと妄想して、ニヤけました。

唯一常識あるピッカリング大佐は、2人に振り回されっぱなしで。
その表情が、なんとも哀愁漂っていて、キュンとします。
…常識持っていると、こんな場面で損した気分になりますよね。

初対面なのに、昔からの友だちみたいになっちゃう、ヒギンズ教授とピッカリング大佐とドゥーリトル。
もう本当に掛け合いのテンポが絶妙で、たまりません!!

セリフや歌詞が随分変わっていました

「あれ?ここ、こんなだったっけ?」、「あ!好きだったあのセリフが無い」などなど。
3年前の公演とは、随分セリフが変わっていました。

イライザが初めて「ひ」と言える場面で好きだったセリフ。
「品のある、広い、額」が、「ひかりあふれ、ひばり、ひらり」(だったっけ??)に変わっていて、少しションボリ。

その変わり、ヒギンズ教授とイライザ、ピッカリング大佐のダンスが勢いよくなっていたかもしれません。
「ひって言えたぞ、バンザーイ!」みたいな。

あと。
ヒギンズ教授の歌で「女と暮らせば」…が、「女と過ごせば」に変わっていたように思います。
「くらせば」の耳心地がよかったので、残念です。

聴き慣れるんだと思うのですけども。

自分の記憶が、都合いいように改竄されているかもしれないので…「3年前の公演のDVDがあれば…」と、悔やまれてなりません。
今回もDVD化はされないのかなぁ。

叶うなら、DVD化を希望します!!
関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。