TOP > 単発出演 > 寺脇康文さんご出演!ドラマ『刑事ゆがみ』第3話ネタバレ感想-白髪×メガネ姿に萌え!

寺脇康文さんご出演!ドラマ『刑事ゆがみ』第3話ネタバレ感想-白髪×メガネ姿に萌え!

Posted by cometiki on  

2017年10月31日 妄想寺脇さん-ドラマ『刑事ゆがみ』第3話ネタバレ感想

寺脇康文さんが定年を迎える警察官の役でご出演!


2017年9月22日(木)22時からフジテレビで放送されている、ドラマ『刑事ゆがみ』。
出演は浅野忠信さん、神木隆之介さん、山本美月さん、仁科貴さん、橋本淳さん、稲森いずみさん。

第3話に、寺脇康文さんが出演されました!!
寺脇さんは、神木さん演じる・羽生虎夫が交番勤務時代にお世話になった上司・真下誠役。




今回は、ドラマ『刑事ゆがみ』第3話のネタバレ感想を書きます。
苦手な方はご注意ください。

Sponsored Links

ドラマ『刑事ゆがみ』第3話のざっくりしたあらすじ

うきよ署強行犯係の羽生虎夫(神木隆之介さん)は、退職辞令交付式の準備に熱を入れていた。
今回退官する中には、羽生が交番勤務時代にお世話になった上司・真下誠巡査部長(寺脇康文さん)がいるのだ。

恩返しの意味も込めて、素晴らしい式典にしたいと、頑張る羽生。
真下を尊敬の眼差しで見つめる羽生を、弓神適当(浅野忠信さん)は冷やかす。

“警察官の鑑のような人間”なんて、いるハズがない…。
弓神の言葉に反発する羽生だったが、式が終わって数日後。
山で頭から血を流した状態で、真下が発見される。

誠実で仕事熱心。
地元の人たちからも慕われている真下が、なぜ襲われたのか?
事情を聞こうにも、真下は意識不明の重体だ。

現場からは、争ったような複数の足跡と、トラックがUターンしたタイヤ跡。
さらに、耐寒用の手袋が片方見つかる。

真下の病室を訪れた羽生と弓神は、真下の娘・唯香(佐藤玲さん)と出会う。
真下を尊敬していると語る羽生に、唯香は「父としては、最低でした」と応えた。

仕事一筋で、母親が亡くなったときも、姉・静香(小野花梨さん)が家を飛び出し行ったときも、淡々としていたらしい。
残された唯香は、長い間孤独を強いられた。

羽生が唯香と話をしている間、弓神は真下のカバンの中にあったスケッチブックを広げて見る。
中には、青々しい緑の樹が描かれていた。
真下は「ただのスケッチ」だと言うが、弓神は気になる。

病室を出た羽生は、ナースセンターで真下の病状を尋ねる男に出会う。
声をかけると走り去ってしまったが、防犯カメラに映った姿から、堀田剛(柳俊太郎さん)だと判明。

堀田には犯罪歴があり、真下の口添えで就職していた。
その後も様子を見に行っていた、真下。
職場にも、よく顔を出していたらしい。

羽生が堀田の勤務先に行くと、この数日無断欠勤しているという。
羽生と弓神の捜査で、高速バスに乗ろうとしていた堀田を、逮捕した。

真下の意識が戻ったと知り、病院へ駆けつける羽生と弓神。
話を聞くと、写生に行っていた真下は、上司の命令で不法投棄をしに来た堀田に遭遇。
罪を咎めると、襲いかかってきたという。

羽生は真下の証言を元に、堀田を取り調べるが「襲いかかってきたのは、真下の方だ」と言い張る。
だが、真下が堀田を襲う動機が無い。

スポンサーリンク



羽生と弓神は、真下の自宅を訪れる。
出迎えた唯香は、羽生に訊ねられるまま、過去を語る。
母親の死と、姉・静香の家出…静香は家を出て以来、18年間音信不通だ。

弓神は話し込む2人をよそに、真下の部屋にある金庫を開けていた。
中には真下の描いた樹の絵と、辞表が収められている。
絵は毎年同じ日に描かれていて、全部で17枚あった。

弓神はハッカーの氷川和美(山本美月さん)に頼んで、あることを調べてもらうがわからない。
逆にそれが決定打となり、弓神は自分の推理を確信に変えた。

羽生を騙して、真下が描いていた樹の根元を掘らせる、弓神。
弓神から何も情報を与えられないまま、とにかく掘り続けた羽生は、人骨を見つけた。

それは18年前に家を出た…とされていた、静香だ。

弓神は真下の病室で、静香の遺体が発見されたことを告げ、事の真相を確認する。

18年前。
真下の家族を顧みない態度に業を煮やした静香は、家を出て行くと言い出した。

それを止めようとした真下は、勢い余って静香を突き飛ばしてしまう。
頭を強く打った静香は、自室へ戻って行ったが、そこで亡くなっていた。

真下が発見したものの、事の次第がバレることを恐れた。
自分が出頭したら、唯香が殺人犯の娘と呼ばれ、1人きりになる。
それを恐れた真下は、静香の遺体を山へ埋めて隠した。

カモフラージュに植えた樹を、命日のたびに描いて弔ってきた、真下。
堀田がそこを掘り返しそうになっているのを知り、止めようと襲いかかったのだ。

結局、返り討ちにあってしまったが…。
堀田に罪を着せることで、あの場所を守ろうと、嘘を吐いた。

全てを知った羽生は、唯香に真下の気持ちを伝えた。
不器用だったけれど、真下は唯香のことを誰よりも深く愛していたと。

それを聴いた唯香は、父の愛に涙する。




楕円形のメガネ×白髪萌えました!!


「え?事故、なんじゃないの?罪には問われないんじゃないの?」と、不思議で仕方ないのですが。
真下さんはきっと「殺意があった」と、言ってしまうんでしょう。

静香さんの言葉にカッとなって、殺意を覚えたから突き飛ばしてしまった…と。

どういう形であれ、娘の命を絶ってしまったことを、罪として背負っていくんだと思います。
法的に裁かれて、刑期を終えたとしても、生きている限りずっと。

そして、唯香さんに謝りながら生きてゆかれるんだろうなぁ。
正義感の強い人だから。

弓神さんに罪を暴かれるときの、真下さんの凛々しさといったら、もう!!
神々しいくらいでした。

なんであんなに、キラキラして見えたんだろう?




個人的には優しい感じの、楕円形のメガネが寺脇さんにお似合いで萌えました!!
「こんな感じのカフェの店長さん居たら、通うわー…」と、切実に思うほど。

白髪に丸メガネ…というのは、妄想の中に無かったので、新たな発見です!!
寺脇さん、お似合いでしたー!!
関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。