生きることと死ぬことと。

cometiki

たとえば。

生きるためにお金を借りるとして。
そこに出てくるお話は、
死ぬことだったりするのです。

借りる前に清算するお話。
清算できないと借りられないから、
至極、まっとうなんですけれど。

なんだか不思議におもいました。


やっぱり人間。
死ぬために生きてるんだな、とか。
その間の、こうしている時間とか。
なんなんだろう?



昨日のつぶやきは、
なんだかまとまらないままにUPしてしまい、
申し訳ありませんでした。

昨日のに関連してくるかもしれません。
今日のつぶやき。



私は、震災後。
今だってそうなのですが。
なにも”コレ”といったことが、
できていません。

音楽を届ける歌い手さんとか、
素晴らしい絵を描ける絵描きさんとか、
行動にうつせてちゃんと届けられている人々。
本当に尊敬しています。

寺脇さんや岸谷さんは、
”笑顔を届ける舞台!!”を創られて。
昨日も上演されてました。

直接観に行けた訳ではないのですが、
3月11日という日に、寺脇さんの笑顔を
夢で見られた自分はなんとしあわせなんだろう。
そう思ったのです。

とても、ありがたいことだと。


なのにね。
ただ”死ぬまでの時間を生きている”ってのは
どうなんだろう?自分。

特別な何かができるわけじゃないから、
ひっそり朽ちていくだけでいいんだろうけど。
それならば。

お金を借りるだけの価値とか、
無いような気もするんだなぁ。。
(言葉の使い方がややおかしいかもしれませんが)


なんていうか。
お金に見合うだけの自分じゃないと、
お金に申し訳がたたないなぁ、って
思ったりしたのです。

・・・その前に、
貸してもらえるかどうかは別の話なのだけど。
関連記事
Posted bycometiki

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply