TOP > スペシャルドラマ > ドラマ『大地のファンファーレ』感想。

ドラマ『大地のファンファーレ』感想。

Posted by cometiki on   0 

前回の「寺脇さんLOVEー!!」な
感想にもイラストを添付しましたので、
よろしかったら見てやってください゚。(*^▽^*)ゞ
↑やっぱり王子様w


寺脇康文さんイラスト・2012.03.13 ドラマ『大地のファンファーレ』分 その2


さて、感想。


主人公の俊平君と自分がダブリました。
・・・とはいえ。
私のが全然出遅れているのですが。
(情けない)

なんというか。
目指してるものに全然手が届かなくて、
「やっぱ自分じゃ無理なんだよ」と
落ち込む姿とかは、ものすごく共感してしまった。

だって、凹むよ。

同期に”才能の塊”みたいな人がいて、
自分は全然ダメなんだから。

・・・でもなぁ。
「お前のダメな所はそこじゃない!」って、
ベテラン騎手の倉橋さんが教えてくれる。


自分に負けてて、
馬の人生まで背負えるのか?!って。
お前一人じゃないんだぞ!!って。


馬の命まで握っている、騎手。
半端なきもちではダメなのだ。

そこで「辞めます」って言わずに、
努力するところが俊平君のスゴイところ。

「そうか」ってちゃんと受け止めて、
倉橋さんのことばを自分の中で実にして、
育ててゆく。


すごいよなぁ。

やっぱり人生・・・人生って、
二文字で片付けちゃいけないのかもしんないけど。

人との出会いで創られていくんだな。
そこでもらったことばたちを、
きちんと受け止めて素直に向き合えたら。
また
新しい扉が開いていくんだ。

多分きっと、そうなんだ。



で。
自分はどうなんだ?と振り返る。

倉橋さんに言ったなら
「甘えてんじゃねぇっ!」って、
一喝されてしまうかな?

足掻いてはいるのだけれど、
多分。頑張れてはいなんじゃないだろうか?
そう思うから。

どこで間違えてるんだろうなぁ?

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。