ドラマ『パーフェクト・ブルー』第5話感想

cometiki

ドラマ『パーフェクト・ブルー』第5話。


なんとも、ほろ苦い後味でございます。
女の子が最後に見せた笑顔もですが、
御園夫妻の不器用な愛情加減が・・・なんとも
泣けてきました。

お互いに、好きってきもちでいたのに、
巧く伝えることができないままで、
会えなくなってしまうというのは、
あまりに悲しいことです。


そう想うと、
「いつか」じゃなくて「今、できる限りのことで、
きもちを伝えておこう」と、胸に力がこもります。

せっかく素敵なきもちなのだから、
ヘタクソでもなんでも、伝えておかねば、
勿体無いと思うのです。


大切にとっておき過ぎたら、
伝えるタイミングを逃してしまうカモしれませんから。


時間には限りがあるんだから、
好きな人にだけは「好きです」と伝えられるよう、
大切に使いたいな。と思います。



寺脇康文さんイラスト ドラマ『パーフェクト・ブルー』第5話1

さて。
今回はのっけから、バー『ラ・シーナ』が沢山登場
いたしましたΣ(*◎v◎*)

そして、椎名さんも沢山っっ(*´∀`)ノ゚.+:。

なんだか回を重ねるごとに、
男の色香が増してゆかれる気がしますっ!!
大きな瞳とか、繊細な指先とかからもねっ!!
香る!香るっっ!!

包容力ありつつも、「それはダメだよ」ってことには
ビシッと言ってあげることができたりするのが、
素敵だなぁ。

言い方がキツイのではなくて、愛情がこもった
「ビシッ」となのです。
・・・惚れる。惚れずにいられないっ(*ノωノ)

厳しさの中での、ふぅわりとした優しさ。
やわらかい笑顔っ!!
くあーっ!!
マスター!一番高いお酒お願いします!!

酔いましょう!酔ってしまいましょうっ!!




椎名さんが「すちゃっ」とスマホを構えられたとき、
”寺脇さんとipod nano”が脳内でリンクして
ちょっと口元が緩んでしまった私でした(*Θ∀Θ)σ

寺脇康文さんイラスト ドラマ『パーフェクト・ブルー』第5話2

もしかしたら、「パーフェクト・ブルー」って謎よりも、
大変なことなのカモしれません。
寺脇さん、ふぁいとー(≧∇≦)ノ゚.+:。
関連記事
Posted bycometiki

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply