ドラマ『パーフェクト・ブルー』第7話感想。

cometiki

ドラマ『パーフェクト・ブルー』第7話感想。

・・・・・・途中で、思いっきり電波が
切れてくれました。
我が家のテレビ・・・(┬┬_┬┬)

デジタルさんになってから、
不安定極まりないんです。

嗚呼っ・・・
後半の椎名さんは完璧に映っておりません。
もーっヽ(≧Д≦)ノ



寺脇康文さんイラスト ドラマ『パーフェクト・ブルー』第7話


さて。

親子愛がテーマ・・・な、今回。
(勝手にそう受け止めております)



小さい子どもは、逃げ場所がないから
しんどいんですよね。

場所もだけれど、こころの面でも、逃げ場がない。



親の言うことって絶対だし、
親が怒ってたら、自分が悪い子だからだ・・・
って、思っちゃうもの。

親に怒られると、他人に怒られる、何万倍も
罪悪感を背負ってしまいます。

少ない知識じゃあ、せいぜい周囲の顔色を伺って、
少しでも怒られない方法を探すしかないのです。



怒りよりも、恐怖。
恨みよりも、自己嫌悪。





少女は、話を受け止めてくれる女性に
出会えてよかったなぁ。

傷ついた記憶は、中々なくならないかも
しれないけど、“理解してくれる大人”
がいたことは、大きな支えになると思います。

これからの。



沢山、沢山、笑えるようになるといいね。
誰かの顔色を気にしない、心からの笑顔。

怖さや、痛さからだけじゃない涙も
沢山流せるといいね。

どうか、幸せに。







今日は、マサ先輩のヘン顔に、
もっていかれましたっ(●≧艸≦)゛

あれはズルイ!!

お耳ぺたんこされたままだったのは、
痛くなかったんだろうか?
ちょっぴり心配です。

でも、すんごい和ませていただきました(≧▽≦)ゞ
さすが、マサ先輩ッス!!
尊敬だなぁww





尊敬といえば、椎名さんのシェイカーさばきも、
見惚れてしまいましたっ(〃ノ∇ノ)

もぉ、すっかりマスターですねっ♪寺脇さん♪

ここにきてようやく“パーフェクト・ブルー”の
手がかりが掴めそうな雰囲気を感じます←遅っ



この言葉は、なんというか・・・色んな方面から
点がつながってきてそうですね。

「そうきたかぁっ!」って展開が
待っていそうな気がします。

次回も楽しみだぁっO(≧∇≦)O
関連記事
Posted bycometiki

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply