ドラマ『パーフェクト・ブルー』第8話感想。

cometiki

寺脇さんがっ!
寺脇さんがっっっ!!!
超絶カッコイイんですけどっ!
もぉ、どうすればっ(〃ノ∇ノ)←はいはい


寺脇康文さんイラスト ドラマ『パーフェクト・ブルー』第8話


キリリとクールな瞳から、
黒で引き立つ、長い足ショット☆

カメラマンさん、ありがとうございます♪

悶えましたっ!!
吠えましたよぅっ!!
わぉんわぉんって吠えてしまいましたっ!!

「外ロケ、どんなだろう?」って
思っておったらば、のっけから
王子様ばりの椎名さんが見られるって・・・
今後の期待が膨らみ過ぎて大変です(≧ω≦)ノ♪



来週も楽しみだっ!
楽しみ過ぎますっ!!←落ち着け





さて。

記憶をなくしてゆく、というのは
本人も周囲も悲しいでしょう。

でもその中で、
旦那さんは“今の自分にできること”を
懸命にされていたから、スゴイ。

奥さんのことを、すごくすごく大切に
想っておられたんだなぁ。



でっかい愛。



あと、
手紙は大切だなぁ・・・と、改めて痛感しました。

自分がこの世から消えても、残るもの。
その瞬間のキモチを遺せるもの。

メールもいいけれど、
手書きだともっといい。

より、あたたかみを・・・その人を
感じとることができる気がするから。


寺脇康文さんイラスト ドラマ『パーフェクト・ブルー』第8話


伝えそびれることのないように、
ちゃんと書いてゆかなくてわ。
関連記事
Posted bycometiki

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply