TOP > MCモノ > 『137億年の物語』第3話感想

『137億年の物語』第3話感想

Posted by cometiki on  



二足歩行ができるようになったこと。
それは最大の奇跡だ。

そう言って、ワクワク語る寺脇博士。
萌え萌えでしたO(≧▽≦)O←オイコラ



脳が進化したから立ち上がったんじゃなくて、
立ち上がって手を使ったりするようになったから
脳が進化したんだ…って。

そうなんだ…。

なんとなく、脳の進化の方が先な気がしてたけど
逆なんだーΣ(OωO )



ってことはアレかぁ?
考えるより先に身体が動いてしまいました。
というのは、最早本能なんだな。

そっちのが、命のもとに近いのカモ。


脳みそ発達し過ぎて、考え過ぎなんかもなぁ。

そして多分。大昔。
屁理屈こいてたヤツは、生き残れなかったんじゃ
なかろうか?と思う。

現在はうだうだしてても、かろうじて生きて
いられるけれど。
大昔は、一瞬判断が遅れたら即死亡だろうからなぁ。



「ま。あんま考えずに、動いてみろや」
ってことなんでしょうか?

教えられること、いっぱいあるなぁ。

勉強、勉強…((φ( ̄Д ̄ )

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。