TOP > MCモノ > 『137億年の物語』第4話感想

『137億年の物語』第4話感想

Posted by cometiki on  




『137億年の物語』第4話感想です。


現在の人類の祖先?とは別にも、
人類がいた…というテーマでした。
(多分)


まだ言葉を持っていたのかも、わからない
くらいの大昔のご先祖様たち。

本編では流れなかったような気がするのですが、
寺脇博士の「それでも、愛を持っていたのかも
しれないね」という言葉がとても好きでした。


言葉や歌や文字や絵…
伝える手段は沢山あるにこしたことはないですが、
それでもそういうことの前に、確かにあるもの。

手段がない分、今よりも強かったかもしれないもの。

自分の心に直結してるキモチ。


愛ってスゴイなぁ。



言葉をつくさなくても、伝わる…伝わり合う
関係…というのも素敵だなぁ。

実際、その現場へ行ったなら、こんなのんきな事は
言ってらんないんでしょうけれど。

いんだ。

寺脇博士がゆってたもん♪
「正解はわからなくても、想像してみよう」ってw


ふふふ(*≧艸≦)
妄想は得意です!!寺脇博士ーっ!!
↑ちょっと違うwww


だから、色々妄想してみるんだ♪
めるへん過ぎて、笑われちゃうカモしんないん
ですけどねーっ(。ノω<。)ノ))



エンディングでの寺脇博士のダジャレが、
楽しみになってきて仕方ありません(≧∀≦)ノ♪


お話が終わって、さあ休憩だー♪ってなって、
今回は「焼肉だー!」となりまして。

寺脇博士「肉、立て替えて買ってきてくれたまえ」

相内助手「まだ前のも返してもらってませんけど!」
(ちょっと怒り気味で)

寺脇博士「かなりウランデルタール人だーっ!」
(と、逃げ出すw)



今回は焼肉でしたかー♪
お庭でバーベキューとかもできそうでいいなー。
いつか、博士宅のお庭も見られたらいいなぁ♪

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。