TOP > 外部公演 > MY FAIR LADY in TOKIO その8

MY FAIR LADY in TOKIO その8

Posted by cometiki on  

MY FAIR LADY in TOKIO その7のつづき。

2013年5月18日、5月19日。
東京の日生劇場にて行われた、舞台『マイ・フェア・レディ』に参閃してきました。
寺脇康文さんは、ヒギンズ教授役でご出演です♪

基本、寺脇さん中心の感想になります。
かなり偏っていますので、あらかじめご了承くださいませ。
また、台詞や諸々のことにつきましては、私の脳内加工済みのものとして、まるっと本気になさいませんよう、ご注意ください。



「1人でだって生きていけるさ!」と言いながら、イライザ(真飛聖さん)が居なくなって、ポッカリ空いてしまった心の穴を歌うヒギンズ教授(寺脇康文さん)が、とっても切ないです。
そして、とても色っぽくてカッコイイです!!
歌う声の艶も、今までのどの曲より愛が溢れていて素敵ですΣ(ノ∇≦*)

"愛"なんて簡単なことばで片付けられる想いじゃないんだろうなぁ…。
ヒギンズ教授の歌を聴いていたら、ヒシヒシとそのきもちが伝わってきます。


忘れられない。
愛しいひと。


未来なんか描けなくなって、自宅へ戻ってもイライザの面影ばかり探してしまう……。
そんな自分を自嘲する姿も、切なくて愛しくて、私がイライザの代わりに抱きしめたいくらいでした!!

 好きだーーー!!!
 ヒギンズ教授、大好きだーーー!!!


しっとりとした場面なのに、私の心ん中はトキメキでいっぱいで大変です。
叫ばなかった自分を褒めたいくらいにっ!!


そして。
録音したイライザの声をソファに座って聴き入る姿!!
切ないっ!切なすぎますっ!!
ヒギンズ教授ーーー!!!

と、そこへ。
イライザだー!!
イライザ戻ってきた!!
イライザ!!←うるさいw

まだ気づかないヒギンズ教授。


イライザは本当に自分の声を聞いてるヒギンズ教授に驚いて、それからそっと機械を止める。
そして自分の声でちゃんと言うんだ。

「来るめぇに、ちゃんと顔も手も洗ってきたぞ」

なつかしいことば。



イライザに気づいたヒギンズ教授はビックリするんだけど、それから愛しさが胸に込み上げてきた…という空気で、「イライザ。ちょうどスリッパを探していたところだ」と言って、眩しげにイライザを見つめるんだ。
すんごい甘く優しい瞳で……。


スリッパー!!
今すぐ、スリッパをお持ちしますーっ!!と幕が下りてすぐに心の中で叫んだのは、私だけではないハズです(●*>∀<艸)

悶えまくりなラストでしたからっ!!
ホントにっ!!

そうして、拍手で満たされたカーテンコール。
最後まで、最後まで本当に素敵でしたー!!

で、虜になっちゃったんです。
舞台『マイ・フェア・レディ』の!!
ヒギンズ教授のっ!!


おしまい。

 >舞台『マイ・フェア・レディ』の感想はコチラ
 2013/07/02 : MY FAIR LADY in TOKIO その1
 2013/07/03 : MY FAIR LADY in TOKIO その2
 2013/07/04 : MY FAIR LADY in TOKIO その3
 2013/07/07 : MY FAIR LADY in TOKIO その4
 2013/07/08 : MY FAIR LADY in TOKIO その5
 2013/07/14 : MY FAIR LADY in TOKIO その6
 2013/07/15 : MY FAIR LADY in TOKIO その7
 2013/07/16 : MY FAIR LADY in TOKIO その8
 2013/07/27 : MY FAIR LADY in NAGOYA その1
 2013/07/28 : MY FAIR LADY in NAGOYA その2
 2013/07/29 : MY FAIR LADY in OSAKA

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。