『137億年の物語』第16話感想

cometiki

-
この回も"夏休みハワイSP"でした。
前回からの続きで、古代ポリネシア人がテーマです。

■前回感想はコチラ
 2013/07/22 : 『137億年の物語』第15話感想


川で水を発見したことで、文明が発達したのだとか。
また、川には精霊が宿ると言われ、大事にされたの
だそうです。

人々は川の近くに家を建てて、暮らしました。

また、ハワイの代表的な食べ物である、タロイモは
ポリネシア人が持ち込んで、育てたものなんだそう
です。


現代にも伝わっている、風習や食文化など、
色々勉強になりましたφ(・ω・ )かきかき

「フラダンス」って実は訳すと、
「ダンスダンス」になっちゃうんですねー。
正しくは「フラ」だとか。

そして、
このフラは神様への捧げ物だったんですね。
…もっと気楽なイメージだったので、
驚きました。

神聖なもの、というよりは…
コミュニケーションに近いものを
想像していたのです。

全然違ってました(;^ω^)


フラとは、ハワイの歴史であり、文化なのだと。
言葉がなくても、歌と曲でそれを後世に伝えて
こられているそうです。


フラの説明で、ふらふらと踊る寺脇博士が、
メチャかわでしたO(≧▽≦)O

あと!
メガネ姿も見れたんですよー!!
ずっと待ち望んでいたので、キャーキャー
ゆっちゃいましたヽ(〃∀〃)ノ





メガネ姿な寺脇さん!!
カッコいいです(≧∀≦)ノ♪

度なしメガネをかけて…
「これは雰囲気です!」とキリッというところも
ツボでしたー(人'w'●)うふ


魅力満載な寺脇博士!
どんどん好きになっちゃいますー♪
関連記事
Posted bycometiki