TOP > MCモノ > 『137億年の物語』第19話感想|前半

『137億年の物語』第19話感想|前半

Posted by cometiki on  

今回の『137億年の物語』は、
なんと!1時間SPでした(≧∇≦)ノ゚.+:。
このくらいの長さだと、ガッツリと
テーマことが学べていいですね!

第19話では、古代ローマの人々が
テーマでした。



今でもイタリアのローマに残って
いる、コロッセオ。

この建物が当時、どのように使われて
いたのか…また、皇帝は市民を支配
していたのか…というような内容
でした。


話のきっかけは、東京の新国立競技場
の完成図です。
カッコイイその姿に、生徒のみなさん
や、助手の相内さんが感激中。

そこへ、なにやら甲冑をつけた、
寺脇博士が、ガッチャンガッチャン
やってきます(* ´艸`)

どうも”グラディエイター”の
コスプレの様子。

頭の部分だけなのかと思っていた
のですが、ほぼ全身コスプレされて
いたんですねー。

…本気だしたら、もっとカッコイイ
感じに仕上がるのに…。
寺脇博士風味がまじっているから、
このくらいでいい塩梅なんでしょう。



※イラストはカッコイイ風味満載
な、寺脇さんです!!


どこか「さあ!ツッコんでくれ!」
要素満載ですものΣ(*ノД`)ノ
カーワーイーイー!!


グラディエイターのコスプレは、
博士の衣装の上からだったので、
重たそうで、暑そうでした(*≧m≦*)



コロッセオは、当時のイベント
会場で、市民が無料でそのショー
などを見ることができたそうです。

それが、”パンとサーカス”。
市民に食べ物と娯楽を与えて、
政治に対する不満を逸らして
しまおう!というもの。

私は単純なので「それいい!」と
ポンと手を打ってしまいましたが、
寺脇博士曰く、この政策が後に
ローマを滅ぼすきっかけにも
なるのだそうです。

…人間、働かないとダメらしい。




しかし、”パンとサーカス”。
いいなぁ…(*◎v◎*)←オイ

1日2食でいいからついて、
それで舞台観放題っていう政策
があったら、大歓迎だあっ!!

…あ。
やっぱり、働かなくなっちゃう
かぁ…(≡ε≡;)

いや!舞台のお手伝いを、
なんでもいいからやりたい!
ご飯の心配いらないから、
いくらでもできちゃうもんね!

自主的にお仕事(労働?)を
見つけて、身体を動かすので…
”パンとサーカス”。

叶わないものでしょうか。


さて。
今回は後半へも感想が続きます。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。