TOP > MCモノ > 『137億年の物語』第21話感想。

『137億年の物語』第21話感想。

Posted by cometiki on  

前回からのつづき、な感じです。
4億年前のデポン紀がテーマでした。



魚類が陸にあがるまで。


この進化には1億年がかかっている
そうです。
…あきらめなかった、魚類スゴイなぁ。

どんだけ、進化しなくちゃいけない
状況があったにしても。
実際、陸にあがってきて全然違うモノ
になっちゃうんだもんなー。


もしかしたら人間も、地味に進化とか
してるんでしょうか?
…それとも、まだまだこれから?


時間と、想いってのはときに奇跡を
起こすんだなぁ。



逆に進化をしていない…というか、
緩やかに生きているのはシーラカンス。

今回は寺脇博士が、シーラカンスの
模型をぱたぱたさせながら、説明して
くれました。


『137億年の物語』第21回感想 2013.09.08放送分


寺脇博士は、シーラカンスも好きなん
だそうです(≧ω≦)b
かわいいなぁ。


シーラカンスがこれまで、生き残って
これたのは「不味いから」。
という話もあるそうです。

…褒められてるんだか、なんなんだか
わからないけど。

生きるってことで言えば、シーラカンス
は最強なんだろうなぁ。


 寺脇博士「でも、博士は美味しい魚が
 いいなぁ…」

って、おやつへの流れで、お寿司を注文
するものの、助手の相内さんに断られて
ましたw


そんなこと言わずに、食べさせてあげて
くださーいっ(o ̄∇ ̄)ツ))

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。