TOP > スペシャルドラマ > ドラマ『信濃のコロンボ~死者の木霊~』感想。

ドラマ『信濃のコロンボ~死者の木霊~』感想。

Posted by cometiki on  

今日は、ドラマ『信濃のコロンボ~死者の木霊~』の
本編感想を書こうっと♪


本編…。
なんてゆうかもぉ、タケさんのラブリーさに
私の脳もハートも全部もっていかれている気が
するんですけどΣ(*≧∇≦*)

つまり、いつも以上に物語の本筋を見失って
いる…んじゃないかなーと。
反省しきり。


それでも、感じたことを残しておこう。


寺脇康文さん イラスト ドラマ『信濃のコロンボ』その2


■あらすじ(簡潔に)

長野県警飯田署の管轄内でバラバラ死体が見つかる。
第一発見者は、刑事の竹村岩男(寺脇康文さん)。
竹村は、部下の桂木誠(庄野崎謙さん)と共に、
捜査を開始。

都内では、タクシー運転手が「死体を運んだかも
しれない」と交番へ相談に来ていた。

タクシー運転手の供述から、管轄の室町署員が
五代通商という会社のビルの住み込み管理人が
行方不明になっているという事実を掴む。

管理人室を捜索すると、大量の血痕が見つかり、
住み込み管理人の、野本敏夫(山中聡さん)と
妻の野本美津子(宮澤美保さん)が容疑者として
手配されることに…。

また、容疑者が見つかったことで、飯田署のバラ
バラ死体との関連を調べることになる。

竹村と桂木も都内の捜査会議へ出席。
そこで、警視庁室町署の岡部和雄(高橋克典さん)
と出会う。

捜査会議では、野本敏夫が叔父の野本孝平(本田
博太郎さん)から多額の借金をしていたことが
判明。
金銭トラブルによる殺人事件ではないか?と、
推理される。

だが、竹村は残された今月分の領収証に疑問を
持つ。

「お金が返せなくて殺した…ではなくて、お金を
返した後で殺した…おかしくないですか?」と。

竹村の疑問に、耳を傾けてくれたのは、岡部。
個人的に捜査をしてくれることになる。

叔父の野本孝平が、五代通商の社長・福島太一郎
(長谷川初範さん)と親しかったことや、野本
孝平のことを心配する女性がいることがわかる。


野本孝平のことを心配していたのは、クラブの
ホステス・君江(遊井亮子さん)。野本孝平と
結婚するはずだったという。

竹村は、野本について君江に尋ねる。すると…
プロポーズをしてくれた際、誰かを見かけて様子
が変だった、ということがわかる。


竹村はその”誰か”が五代通商の福島ではない
かと推理。
桂木とこっそり、福島の写真を撮って君江に
見せる…だが「この人」と彼女が指をさした
のは、福島の秘書・浜野理恵(滝沢沙織さん)
だった。


竹村は浜野に事情を聞こうとするが、浜野は
頑として口を割らない。
そして、結婚をして国外へ行ってしまうという
のだ…!!

竹村は結婚式場に駆けつけ、浜野に本当のこと
を聞こうとする。

根負けした浜野は、「式が終わったら全て話し
ます」と席を外す。
しかし、浜野はそのまま教会の屋上から身を
投げて死んでしまうのだった。


竹村は勝手に捜査したことで、事件から外され、
謹慎処分となる。
どうすれば事件が解決するのか悩む竹村に、
妻の竹村陽子(麻生祐未さん)が、背中を押す。

浜野が居たという、鳥羽のホテルへ聞き込みに
行く、竹村。
そこでまた事件が起こる。
浜野を接客したと証言した、ホテルマンが死亡
するのだ。

ホテルマンの自宅へ捜査に行く、竹村。
そこで、浜野が自殺した際の週刊誌を発見。
ホテルマンがしようとしていたことに気づく。


そこには、五代通商の専務・沢藤栄造(小木茂光
さん)が写っていた。


真犯人の沢藤を確実に追い詰めるべく、竹村は
今までの疑問を全て解き明かしてゆく。
そして、事件の真相に辿り着くのだった。


この事件は、沢藤が五代通商の社長になりたい
がために仕組んだ殺人であったと。




寺脇康文さん イラスト ドラマ『信濃のコロンボ』その3


…うーん。
途中で、管理人の夫妻も殺されてしまうのですが。
上手く書けませんでした。
(ま、いっか)


タケさんは、自分のペースでこつこつと”謎”を
解明してゆきます。
疑問が浮かんだときの「なんかなぁ~」は、
ほんわかしつつも、エンジンかかってる感じです。

事件解明へ向けての、エンジン。


わからないところは「わかりません」って言える
し、困ったときには「助けてください」も言える
人です。タケさんは。

だから、ギスギスした感じじゃなくて「あれ?」
って不思議なくらい、やんわりと事情聴取ができ
たりする。
…天賦の才ですね。

”事件”よりも”人”を大切にされる、タケさん
だからの解決方法。
魅力的です。



それから。
真犯人に協力して、更に自らの命を絶ってしまった
浜野さん。

愛に生きた女性です。
強いよなぁ。

罪を背負って死ぬことよりも、愛した沢藤さんに
会えなくなることを思って涙する…とか。
カッコイイ。

そういう人に…不倫ではあるけれど、出会えた
人生というのはきっと、しあわせなんだろうな。


寺脇康文さん イラスト ドラマ『信濃のコロンボ』その4


ただ。
思うのはですよ?
そんなカッコイイ浜野さんの旦那さんになるハズ
だった男性のことです。

美人社長秘書を妻にできるってんで、多分相当
喜んでいたことでしょうし…愛し愛されている、
と思っていたんでしょうに。

事実を知ってみれば、自分のことはこれっぽっち
も想っていなかった彼女のことがわかる訳で。
それってどうなんだろう…と。

この男性の苦しみや悲しみもさ、沢藤さんの罪
だよなー。
実感は全くないし、なんの刑罰も与えられない
ものではあるんだろうけれど。

この男性に関しては、巻き込まなきゃ巻き込ま
ないですんだ話だから、余計に不憫でなりません。



本筋以外のところで、やるせなさが高まって
しまったのでした。



だから、事件が解決して。
ほっこりと実家の温泉旅館のお手伝いをしている
タケさんに癒されましたーO(≧▽≦)O

たまには奥さん孝行もしないとですね♪

うおぉー!!
またタケさんに会えるといいなぁっ!!
続編があることを、心から祈っております!!

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。