寺脇康文さんご出演!舞台『恐竜と隣人のポルカ』大阪公演感想

-
cometiki

大阪公演は手塚とおるさんが更に面白かったです!


舞台『恐竜と隣人のポルカ』は、2008年5月24日~6月15日まで東京・PARCO劇場、そして2008年7月6日の大阪・シアター・ドラマシティの千秋楽まで、各地で上演されました。

出演は、寺脇康文さん、手塚とおるさん、水野真紀さん、森本亮治さん、大和田美帆さん、竹内都子さん、後藤ひろひとさん、兵動大樹さん、石野真子さん。

この記事は、2008年7月6日に大阪・シアター・ドラマシティで上演された、舞台『恐竜と隣人のポルカ』の感想を書いています。

台詞部分はこの舞台『恐竜と隣人のポルカ』大阪公演からの引用です。
なお、私の脳内で勝手に加工されている場合がありますので、まるっと本気になさいませんよう、ご注意ください。



東京公演、広島公演と観て、手塚さんのテンションの高さにはビックリしていたのですが、今回は特にすごかったです!!←いい意味でどこかで何かが外れたのでは…と心配になるくらいでした。

ホントに、地球外生命体になりそうな勢いでしたもん(爆)!!


幸夫(寺脇さん)と会話するシーンで、幸夫に頭を撫でられるのが嫌な柿一郎(手塚さん)は、撫でられる度に、「キッ」っと睨んで、手ぐしで整えておられました。
でもすぐ、談笑ムードになっちゃう、この緩急のつけ具合がたまりません!

(戸田)幸夫と(熊谷)柿一郎の喧嘩が発展してゆく中、"誰か"が熊谷家にやって来て、恐竜の骨を発掘することになります。
そのとき柿一郎と亜矢子(竹内都子さん)が、幸夫と千春(水野真紀さん)に対して思わせぶりに言うシーンで…

柿一郎&亜矢子「ダレ゛デショ~」と、身体を揺らしながら
幸夫&千春「…」と、黙って2人を見る
柿一郎&亜矢子「ダレ゛デショ~」と、更に激しく身体を揺らしながら



「ダレ゛デショ~」と言いながら、家に入って行くのですが…今回は広島公演のとき以上に激しいモノでした(爆)!!

「ダレ゛デショ~」の言い方といい、身体の動かし方も、「ダレ゛デショ~」と言いながら、柿一郎と亜矢子が互いに身体をぶつけ合うので、熊谷家のドアが壊れそうでした!

「手塚さんと竹内さん、大丈夫かな?」と思いながら、寺脇さんを見ると、水野さんの背中に隠れて笑っておられました!!
あれは、マジ笑いではないかと((●≧艸≦)゛

幸夫「もうあれは人類じゃないな」



という幸夫の台詞が、どこまでもハマってゆく手塚さんと竹内さん最高です!!

ハプニングさえ笑いに変えてしまう、手塚さん!


大阪公演のハプニングで、爆笑してしまった場面があります。
「(石野)真子さん(石野真子さん)を、幸夫に奪われた!」と勘違いした柿一郎が、戸田家に乗り込んで行くシーンです。

元々セットに、窓ガラスは組み込まれていません。
"ガラスがある"という設定で、お芝居は続けられます。

そんなとき、柿一郎が大暴れした勢いで(←広島辺りからワザと勢いよく、蹴り出されている気が…)、室内に積んであるダンボールが、ガラスから転がり出てしまいました!

桃子「えっ?!ちょっと、コレ…」と、オロオロする
柿一郎(というか、手塚さん)「ガラスなんてなぁ、無いんだよ!」と、窓ガラスを割るマネをする。



広島公演では、少し控え目に「無いの!」と、言っておられただけの気がするのですが、今回はクッキリハッキリ「無いんだよ!」と言い切っておられた、手塚さん!!

わかって観ているけれど、演者さん自ら暴露されると、やっぱり面白い!!
桃子(大和田美帆さん)が「しょうがないなぁ~」と、諦めムードでフォローに入る所も、カワイくてツボでした♪

いつまでも白が似合う寺脇さんが可愛いんです!


広島公演を観て、大好きなったシーンがあります。
私が観た回の東京公演では、この台詞は無かったので…福岡公演から組み込まれているのかなぁ?

幸夫が、恐竜の骨が出たのを黙っていた事で、柿一郎が怒ります。
一生懸命取り繕う幸夫と千春でしたが、柿一郎は聞く耳を持ちません。
困った幸夫は、自分の着ている白のジャージのチャックを、気不味そうに上げ下げするのでした。

広島公演では…

柿一郎「いつまでも白が似合うと思って着てんなよ!」と、吐き捨てる
幸夫(…というか、寺脇さん)「!?」と、素で笑いそうになっている(そして、照れている)

柿一郎、家の中に入って行き、幸夫と千春が残る。

寺脇さん「なんだよぉ~俺だって、着たくて着てる訳じゃ…」とジャージを脱いで、自分が着ているTシャツの背中に入れてみせる

寺脇さん「トダノドン」と、ポーズ付き
千春「……」
寺脇さん「…だからぁ」と、ジャージを取り出し、また着る。

そして会話再開。



大阪公演では…

柿一郎「いつまでも白が似合うと思って着てんなよ!」と、吐き捨て家に入って行く
幸夫(…というか、寺脇さん)「いつまで着られるんだろう」と、ポツンと呟く



「トダノドン」みたいに、大きなリアクションはありませんでしたが、ポツンと俯き加減で、白のジャージに目をやる寺脇さんもメチャカワでした!!

舞台『恐竜と隣人のポルカ』大阪公演感想1 2008年12月28日

寺脇さんと手塚さんのコンビネーションがたまらない!


手塚さんのテンション高いシーンで、寺脇さんとのナイスコンビネーションが観られる場面もあります!!

真子ちゃんが自宅に来る朝、熊谷家の前で繰り広げられる、柿一郎の妄想ワールドです!


幸夫が牛乳を取りに表に出てくると、柿一郎がスコップを抱えて一人身悶えている…

柿一郎「真子さん、いけませんそんな…」
柿一郎(真子さんのつもりで)「柿一郎さん…」
柿一郎「名前だなんて、いっそ苗字で…苗字で呼んでください!」
柿一郎(真子さんのつもりで)「熊谷さんっ!」

幸夫、眠い目をこすりつつ柿一郎を静観している。

柿一郎「よ…呼び捨てでっ!!」
柿一郎(真子さんのつもりで)「熊谷っ、熊谷っ!!」
柿一郎、静観している幸夫と目が合う…が。
柿一郎「もっと、もっと!そう、そうすると柿一郎の”柿一郎”がっ…嗚呼っ!真子さんっ!!」

幸夫(…というか、寺脇さん)「…」と、どうするのか見守っている。

寺脇さんと手塚さん、見つめ合いながら(笑)

柿一郎「そうです!もっと!もっと!!」
幸夫(…というか、寺脇さん)「…」
柿一郎(…というか、手塚さん)「(どうやって本筋に戻そう?って感じで)…ああ!幸夫、居たのか?全然気付かなかったよ!!」とオーバーアクションで
幸夫(…というか、寺脇さん)「気付かなかったよって、お前途中から完全に俺に聞かせてただろう?!!」と、笑う
柿一郎(…というか、手塚さん)「…(苦笑)…」
幸夫(…というか、寺脇さん)「エッチ野郎!」と、話を本筋に戻す



このシーンはホント、寺脇さんと手塚さんが楽しんでお芝居されてるなぁ~って、毎回微笑ましく観てました♪
だって、お2人ともカワイイんだもん(*ノ∀`*)

舞台『恐竜と隣人のポルカ』大阪公演感想2 2008年12月28日

大阪公演で寺脇さんが最高に可愛かった場面!


今回、寺脇さんが滅茶苦茶カワユかったシーンがあります!!
真子さんが熊谷家に入って行くのを見た後、幸夫は熊谷家の前で扉に縋り、千春と翔太(森本亮治さん)に訊ねるのですが…

幸夫「今のは大場久美子か榊原郁恵か高…○×▽□…?」



台詞を噛んでしまった寺脇さんは、その場にバッタリ倒れてしまいました!
本当は…

幸夫「今のは大場久美子か、榊原郁恵か、高田みづえだよね?」



と、スラスラ~って名前を言う場面でした。
言えなかったショックで、倒れて動かない寺脇さんに、水野さんと森本クンが「そっ」と手を差し伸べ、立ち上がらせてくれます。

幸夫(…というか寺脇さん)「ああ…家族っていいなぁ…」



立ち上がると、もう1回噛んだ台詞に挑戦されました。

幸夫「今のは大場久美子か、榊原郁恵か、高田みづえだよね?」



今度はちゃんと言えた、寺脇さん。
次のシーンに移るも…

幸夫「だから、今のは大場久美子か、榊原郁恵か、高田みづえだよね?」



と、その台詞が必要ないシーンでも、確認するように台詞をスラスラ言われてました。
噛んでしまったのが余程悔しかったようで、カーテンコールでもこの話に触れられた、寺脇さん。

寺脇さん「あのね、噛んじゃいましたけど。大場久美子か榊原郁恵か高田みづえだよね?って台詞。後藤さんから貰った時は、絶対噛みますよ。って言って"これは試練です"なんて言われて~今まで、今まで1回も噛んでないんですよ!?なのに…楽でコレ…。最後まで気を抜いちゃイカンって事ですね」



ひたすら反省な、寺脇さん。
でもフォローして復活される姿を観られたので、私は得した気分ですよ♪←コラ

花 桜1

カーテンコールがド派手でした!!


舞台が終わると、自然とスタンディングオベーションになり、客席全員で拍手を送っていました。
何度も何度も拍手を送り、演者さんたちも何度も何度も登場してくださいます。

何度目かのとき…突然「パーン!!」という音がして、紙吹雪が舞台と客席に舞い降りました!!
お客さんはもちろん、寺脇さんたちもびっくりしておられましたが、こういうサプライズいいですね♪

大千秋楽って、こんな趣向もあったりするんだ(人´∀`*).☆.。.:*・
人生初の大千秋楽なので、初めてづくしでいつも以上に楽しかったです!
クセになりそう!!

着ぐるみのディナちゃんと写真が撮れる時間もありました!


舞台が終わってホールに出ると、開演前に客席を歩いてた隊員役の方々と、お客様が写真を撮っておられました。
さらに、劇中に登場していた恐竜の着ぐるみ・ディナちゃんとも、写真が撮れたんです!!

着ぐるみ好きな私は、もちろんはうはうしながら、ディナちゃんと写真を撮ってもらいました!!


大阪公演は、お客様の雰囲気が"皆で楽しんでいこーぜ!"という感じなので、とても大好きです。
舞台の上と客席との一体感をつくりあげられるのが、大阪の方は上手だなぁ~と思います。

だから大阪で観劇するのが、やめられません♪
関連記事
cometiki
Posted bycometiki