“誰かの為”でも“自分の為”かな?

0 Comments
cometiki
みなさん、こんばんは。



昨日読み終わった、
『人生の目的が見つかる魔法の杖』
(西田文郎著)の内容を、つらつらと
思い返しておりました。



自分だけの為じゃなく、
誰かの為にって動く方がいい。
・・・そんなことが書かれていました。
(↑超解釈、申し訳ありません)



「お金持ちになりたい」、って目的だけより
そのお金を使って・・・例えば、
好きな人に花を贈って喜んでもらいたいから
お金を稼ぎたい。

そう思える人の方が、しあわせなきもちで
目的を達成することができるらしい。

それにその能力も出てくるんだって。





私は何かして喜んでもらうなら、
寺脇さんがいいなぁ・・・と思う。

いつか私のしたことで、ニッコリ
笑ってもらえたら嬉しい。





でもその“嬉しい”きもちって、
自分の為だよなぁ?



“誰かの為”と“自分の為”の
境界線がはっきりしない。。

結局、自己満足なんじゃないだろうか?と。

そんなことを悶々と考え、
折角の魔法の杖をもてあます。


勿体無いな。
ココにあるのに。
呪文だって、わかったのにね。


「喜んでくれますように」。


そう願って使う魔法は、
悪いことじゃないだろうか?



いつかちゃんと使えるようになりたい。
そして、笑ってもらえたら。。。








追伸。

8月20日生まれの皆様。
お誕生日、おめでとうございますヾ(≧∇≦*)〃
関連記事
cometiki
Posted bycometiki

Comments 0

There are no comments yet.