こめなべ

マンガ・アニメ・ドラマや映画の感想&声劇台本置いてます

乙女向けドラマCD『十六夜恋歌 秋』ネタバレ感想-萌えポイント満載です!

こめなべ-20170222

ジャケットのイラストとあらすじに購買意欲を掻き立てられました!

平井達矢さんが出演される…ということで、乙女向けドラマCD十六夜恋歌 秋』を購入しました!
ジャケットのイラストがすごく綺麗で、見ているだけで癒されます。

物語のほうは書かれていたあらすじに「現代の物語じゃないんだー…」と、興味を持ちました。

時は幕末、揺れ動く時代の波に抗いながら、 今宵も儚く狂おしい恋の華が咲き乱れる――。
>参照:十六夜恋歌シリーズ

どうやら平井さん演じる京ケ峰 蓮は、お医者様。
やわらかく微笑んでいるイラストの男性とあらすじを読んで、俄然妄想が湧きました!
ほんわかした物語っぽいのに、"揺れ動く時代の波に抗いながら"恋する心が描かれているなんて!!と。

今回は乙女向けドラマCD『十六夜恋歌 秋』のネタバレ感想を書きます。
結末を含みますので苦手な方は、ご注意ください。

>公式サイト⇒ステラワース ガールズゲームショップ

乙女向けドラマCD『十六夜恋歌 秋』のざっくりしたあらすじ

京ケ峰 蓮(CV:平井達矢さん)は、村の診療所で医師をしている。
たった1人で、診療所の切り盛りをしている蓮は、明らかに働き過ぎだった。

食事もままならない日々に、蓮は自分の手伝いをしてくれる人材の募集をかける。

ある日、ひとりの少女(ヒロインのこと)が診療所へやって来た。
兄を亡くしたという少女は、そのとき何もできなかった後悔から、人を救う仕事がしたいと思うようになったという。

だが彼女には、蘭方医学に関する知識は全くない。
蓮は少女の熱意に打たれ、助手になることをお願いする。

年月は流れ、少女の手際も良くなり、村人たちからの信頼も得られるようになった頃。
城下で、疫病が流行る。
有効な治療法が見つからない中、患者は増す一方。

優秀な医師である蓮の元へも、「治療を手伝って欲しい」という依頼文が恩師から届いていた。
村の人たちを置いて行くわけにはいかないと、何度か断りの手紙も書いたのだが…患者たちを託せるほどに、少女は成長している。

蓮は、疫病に苦しむ人々を救うため、診療所を少女に託し、1人城下へ向かうと言う。
「行かないで」とすがる彼女に、必ず戻って来ると約束する、蓮。

いつ帰れるかわからない状況の中で、少女は蓮への想いを伝えた。
蓮も同じ気持ちだったが、どれだけ待たせることになるのか…と考えると、どうしても素直になれない。

蓮が旅立ち、数年のときが流れた。
少女は、蓮にもう二度と会えないかもしれないと覚悟して、診療所を1人で切り盛りしている。
蓮と過ごしたこの場所を守ることが、彼女の生き甲斐だった。

ある日。
「ただいま」と、蓮が突然戻って来る。
城下に集められた医師たちの力で、疫病を抑えることができたらしい。
役目を終えた蓮は、愛しい少女の待つ診療所へ急いで帰ってきたのだ。

無事を喜び、抱き合う2人。
互いの想いを改めて伝え合い、蓮と少女は夫婦になった。

平井達矢さんの優しくて甘い声に萌えます!

優しくて甘い、蓮役の平井達矢さんの声がたまりませんでした!
笑い声まで甘くて、どうしようかと!!
大変しやわせな1時間4分間でした。

物語の運びも、好みだし。
蓮と少女の設定が、わかりやすく伝わってきたのもよかったです。

同じ長さのドラマを聴いていても、頭に入ってこない設定もあるので、やはり向き不向きってあるんだなぁ…と。
どういう設定なら、頭に入ってきやすいかが掴めると、自分で何か物語を書くときに活かせそうな気がします。

さて。
劇中、一番印象に残っているのは、蓮が少女の夢の中に現れる場面です。

夢を見ていると思わない少女は、蓮が戻って来たと喜びますが、実はお別れの挨拶に、魂だけ戻って来ていて。
少女の心配をして、別れを告げると消えてしまいます。

「行かないで!」(と、いうようなことを叫んで…多分)飛び起きた少女は、そこでようやく夢だったと気づくのですが…便り一つ届かない現実で、それが本当にただの夢だったのかどうかを、確かめる術などありません。

また何もできないまま、愛しい人を見送ることになってしまったと…自分の無力感に、押し潰されそうになって。
だからこそ、蓮の託した診療所を守り抜こうと、少女は決意するのだと思います。

その後、蓮は無事に帰って来てくれて、ハッピーエンド!
この、蓮が戻ってきたときの場面は、夢の中の場面が描かれていたからこそ、余計に胸が熱くなり涙が出ました。

蓮と少女なら、心配しなくても末永く幸せなままでしょう!

ステラワースの特典・ミニドラマ『夢現つ』は意外過ぎる内容!

特典のミニドラマ『夢現つ』は、タイトルから勝手に劇中に登場した、夢の中が描かれるのかと思っていました。
蓮が城下へ出掛けている間に、少女が見る夢なんじゃないかと。

ところがどっこい!
しっかり夫婦になってからの…時間軸で言えば、本編終了後くらいのものになるのでしょうか?

約12分間。
甘い甘い2人が、描かれております。
それはもう、罰ゲームなんじゃないかと思うほどです。

十六夜恋歌 秋』、満喫させていただきました!!