こめなべ

マンガ・アニメ・ドラマや映画の感想&声劇台本置いてます

ドラマ『警視庁捜査捜査一課9係 season12』最終回ネタバレ感想-もっと見たかった!

こめなべ-20170611

遂に最終回…もっと見たかったなぁ

2017年6月7日(水)21時から放送された、ドラマ警視庁捜査一課9係 season12最終回殺人カーテン」。
メインキャストは渡瀬恒彦さん、井ノ原快彦さん、羽田美智子さん、津田寛治さん、吹越満さん、田口浩正さん、原沙知絵さん、中越典子さん。

ゲストは七瀬なつみさん、藤田瞳子さん、稲荷卓央さん、不破万作さん。

>公式サイト⇒警視庁捜査一課9係 season12|テレビ朝日

最終回…今期はあっという間に、終わってしまった気がします。
これから面白くなりそうな予感がしていたので、残念です。

今回はドラマ『警視庁捜査捜査一課9係 season12』最終回 殺人カーテンのネタバレ感想を書きます。
苦手な方はご注意ください。

ドラマ『警視庁捜査一課9係 season12』最終回のざっくりしたあらすじ

スナックの店内で、経営者の長峰全次(稲荷卓央さん)が遺体で発見される。
店内には放火の跡があり、遺体を燃やそうとしたようにも思えた。

スナックが入っているビルのオーナー・正川洋平(不破万作さん)曰く、長峰は商売する気が全くなかったらしい。
代わりに妻の乃梨子藤田瞳子さん)が、キャバクラで生活費を稼いでいた。

夫が亡くなったというのに、乃梨子の行方はわからない。

青柳靖(吹越満さん)と矢沢英明(田口浩正さん)が、乃梨子の働いていたキャバクラへ聞き込みに行く。
彼女は自らすすんで働いていた訳ではなく、長峰に無理矢理働かされていたという。
さらに乃梨子は、長峰から暴力を受けていたらしい。

一緒に働いていた女性に、乃梨子の行方を訊ねると『再生の塔』という、DV被害者を保護する施設のサイトをよく見ていたと聞く。
早速『再生の塔』を訪れる、青柳と矢沢。

ところが施設は、男子禁制という理由で話をすることもままならない。
なんとか情報を聞き出そうと、矢沢に女装させる、青柳。

施設の門を叩こうと歩き出したとき、小宮山志保(羽田美智子さん)が現れる。
頬を腫らして、暴力を受けている…と訴え、施設のスタッフ・久宝彩芽(七瀬なつみさん)にあっさり迎え入れられた。

施設内で乃梨子を見つけた小宮山は、話を聞き出そうとするが、彩芽にDV被害者でないことを見抜かれてしまう。
刑事であることを明らかにして、事件当日のアリバイを訊ねると、彩芽が「乃梨子と、一緒に居た」と証言する。

浅輪直樹(井ノ原快彦さん)は、監察医の早瀬川真澄(原沙知絵さん)に呼び出され、長峰の腕にあるタトゥーが2度に分けて掘られて、今の形になったと報告を受ける。
前の形をX線写真で見ると「Z・N」という、長峰のイニシャルが組み合わされた模様だった。

浅輪は前の形のままだと、困る何かがあるのではないかと考える。
そこから、20年前の強盗殺人事件に辿り着く。
犯人は未だ捕まっておらず、被害にあった夫婦は夫が亡くなり、妻も重傷を負っていた。

妻の証言から、犯人の腕に「Z・N」のタトゥーがあったと調書に記されている。
20年前の遺留品の毛髪と、長峰のDNAを調べると完全に一致した。

その妻が、彩芽だとわかる。
ならば復讐のため、長峰を殺害する動機があるかもしれない。
事情聴取に彩芽を呼ぶが「もう、恨みはない」という。

青柳と矢沢は、施設から出てきた乃梨子接触
長峰の死に彩芽が関わっているかもしれないと説得すると、彼女は、彩芽のコートと靴を持って来た。

鑑識に調べてもらうと、現場にあった繊維片と蝋が付着しているのが見つかる。
これで彩芽が現場にいたことは、明らかだ。

鑑識の報告書を読んでいた浅輪が、ある疑問に気づく。
長峰は、8箇所も刺されている…それなのに、彩芽が身に着ていた衣類からは、血痕が発見されていないのだ。

浅輪は現場検証のときに見つけた、まとめられていた段ボールを思い出す。
長峰の性格にも、乃梨子の性格にも合わない、整頓された段ボール箱

段ボール箱を鑑識にまわすと、ビルのオーナー・正川の指紋と灯油が検出された。
正川はビルの売却を考えていたが、長峰が首を縦に振らない。

長峰を店から追い出すために、正川は放火しようと考えた。
ビル内にはスプリンクラーがついているので、火をつけてもすぐに消えると確信していたのだ。

しかし火を点ける直前に長峰に見つかってしまい、殴り倒される。
命の危険を感じた正川は、手に触れたアイスピックで長峰を刺し殺したのだ。

彩芽は乃梨子の持っていた携帯で、長峰の顔を見て20年前の事件を思い出した。
確認するために店へ行くと、長峰が亡くなっているのを発見する。
犯人だと確信した彩芽は、怒りが蘇り「死んでからも苦しむように」と、火をつけた。

それはスプリンクラーによって、阻止されてしまったのだが。

彩芽の想いを聴いた小宮山は、犯人を逮捕できなかったことを警察として謝罪する。

最終回で浅輪クンと倫子ちゃんがーっ!!

第9話で最終回とは…短過ぎる!これからなのにっ!!と、思わずにはいられません。
でも、「このメンバーで、やっていきます」と宣言してもらえて、嬉しかったです。

最終回くらい、加納係長の声が聴けるかと思ったのですが…甘かったかぁ。
浅輪クンの満開の笑顔で、相手が加納係長だということはわかりましたけど。
一言でもいいから、聴きたかったです。

最終回…浅輪クンと倫子ちゃん(中越典子さん)が、ようやく結ばれてよかったー!!
おめでとうございます!本当におめでとうございます!!

長い道のりでしたが、これからもお2人らしい姿が見られることを、願っております!