こめなべ

マンガ・アニメ・ドラマや映画の感想&声劇台本置いてます

BLマンガ『俺と彼氏の恋の果て』ネタバレ感想-徳永さんの涙に胸アツ!

こめなべ-20170625

徳永さんの可愛さにメロメロになるシリーズでした

BLマンガ『俺と彼氏の恋の果て』(ナナメグリ著・日本文芸社)。
※こちらはBL(ボーイズラブ)作品になります
ジャンルが苦手な方、BLの意味がわからないという方は、「戻る」ボタンでお戻りください

[amazon asin="B00SFHL4QO" kw="俺と彼氏の恋の果て"]
[amazon asin="B00SFHL4NM" kw="俺と部下の恋の先"]

この作品は『俺と上司の恋の話』と『俺と部下の恋の先』の続編になります。

>BLマンガ『俺と上司の恋の話』のネタバレ感想も書いています
BLマンガ『俺と上司の恋の話』ネタバレ感想-徳永さんの可愛さ無敵です! | こめなべ
>BLマンガ『俺と部下の恋の先』のネタバレ感想も書いています
BLマンガ『俺と部下の恋の先』ネタバレ感想-徳永さんを泣かすなっ! | こめなべ

徳永さんの可愛さにメロメロになってしまう、このシリーズ。
高梨との同棲が始まるぞ?というところで終わった、前巻。
なんとなく、幸せ街道まっしぐらな巻なんじゃないかと、勝手に期待しておりました。

今回は、BLマンガ『俺と彼氏の恋の果て』のネタバレ感想を書きます。
苦手な方は、ご注意ください。

BLマンガ『俺と彼氏の恋の果て』のざっくりしたあらすじ

徳永 親は入社時にゲイであることを、告白してしまったものの…現在では、社内の人たちから受け入れられていた。
入社してきた高梨智明の指導係になった、徳永。

一緒にいることが多い2人は、プライベートでも仲良くなり…高梨はノンケだったにも関わらず、徳永に恋をする。
自らのことを犠牲にしてでも、相手を思いやる心を持つ徳永が健気で可愛くて、高梨は自分の手で幸せにしてやりたいと思ったのだ。

不器用ながらも、2人のペースで愛を育んでいく、徳永と高梨。
付き合って半年経った頃、同棲をスタートさせる。

総務から営業へ異動した高梨は、慣れないながらも一生懸命に仕事をこなしていく。
徳永は、残業続きで遅く帰ってくる高梨を心配しながらも、見守る。

そんな中、高梨に支社へ3ヶ月ほど手伝いに行って欲しい、という話が持ち上がる。
仕事だと割り切って送り出す、徳永だったが遠距離は想像以上にツラかった。

高梨は支社で、宝来という女性社員の上司を任される。
ところが宝来は、遅刻・早退がアタリマエの問題児。
飲み会で潰れた宝来を自宅へ送り届けると、光太郎という息子に出会う、高梨。
宝来が遅刻・早退していたのは、子どものためだった。

宝来の事情がわかった高梨は、彼女と上手く仕事をやってゆけるようになる。

1ヶ月も会えない日々が続くと、耐えられなくなった高梨は、夜行バスを使って家へ戻った。
会えない時間を埋めるため、高梨は徳永と揃いの指輪を買うことを決める。
早速、店で購入した高梨は、左手の薬指にはめて喜ぶ。
徳永のサイズは取り寄せになったので、後日取りに来るように…と言って。

高梨の態度を見て、徳永はこれまで向き合ってこられなかった、両親と向き合ってみようと思う。
付き合っている相手が、男性であることを告げると、父親に頭を抱えられる。
その様子に「こんななら生まれてこなきゃよかったね」と、零してしまう。

父親に殴られて、家へ戻った徳永を母親が追いかけてくる。
徳永が思っていたより、両親は徳永のことを持て余してはいなかった。
逆にそのことを知って、徳永は申し訳なさを募らせる。

高梨に会いたくなり、新幹線に飛び乗る、徳永。
迎えに来た高梨の傍に、宝来と光太郎の姿を見つけ、徳永は固まってしまう。
そして「子ども欲しいな」という、高梨のつぶやきに徳永の目の前は真っ暗になる。

徳永は高梨の将来を思い、身を引く覚悟を決めた。
徳永の覚悟を悟った高梨は、土曜日に会いに行くと約束する。
会いに行くという高梨を待っていた徳永だったが、その手に持っていたメールに届いたのは「ごめん行けない」という、簡単な文章だった。

それを高梨の答えだと受け取った徳永は、携帯を買い替える。

高梨の支社行きは3ヶ月と言われていたが、半年経っても戻ってくる気配はない。
それどころか、向こうで結婚するという噂が流れてくる。
高梨を忘れようと、仕事に没頭する徳永を心配する、古谷。

徳永は、高梨と過ごした家も手放そうとしていた。
家財を知人に譲り、身軽になってゆくが…高梨からもらったイルカのぬいぐるみを捨てられて、取り乱す徳永。
川に流されていたイルカを見つけ、迷いなく飛び込んで抱き締めた。

高梨を愛していると、ぬいぐるみを抱き締めて泣きじゃくる、徳永。

徳永と連絡が取れなくなった高梨は、休みの日に本社へやって来る。
休日出勤していた古谷に「いつ本社に戻れますか?」と訊ねるが、鋭い目で睨みつけられてしまう。

高梨と別れたことを受け入れ、どうにか前に進もうとしている徳永を、古谷は守ろうとした。
だが高梨は、古谷には譲れないと宣言する。

年明けと同時に本社へ戻って来られた高梨は、なんとか徳永と話をしようとするものの、取り付く島もない。
徳永は高梨が以前使っていた携帯に、連絡をくれていたと知り…昔の携帯を見直してみる。

そこには高梨の想いが、溢れていた。
もう一度、一緒に暮らすことにする。

徳永が不安に思っていることを、高梨はひとつづつ解きほぐしてゆく。
朝一緒に目覚めること、ご飯を食べること…なんてことない日々を、高梨は徳永と一緒に繰り返してゆきたいと願う。

毎日を積み重ねていく内、高梨が徳永の実家へ挨拶へ行くと言い出す。
何度断っても、高梨の意思は変わらない。
徳永の実家では、渋い顔をした両親が待ち構えていた。

そんな両親を前に、徳永は高梨が傷つけられることを恐れ「高梨にひどいこと言ったら怒るから」と叫び、泣きじゃくる。
そんな徳永の想いを受けて、高梨は「チカシさんと家族になりたいと思ってます」と、告げた。

どんなことがあっても、2人で生きていけると徳永と高梨は、手を繋いだ。

イルカちゃんの流される場面が切なくて胸アツでした!

途中、もうダメなんじゃないかと胸を痛めましたが…大団円でしたー!!
よかったー!!徳永さん、高梨おめでとうございますー!!!(拍手喝采

それにしても、何も残せないと自分を責める徳永さん、優しいなぁ。
もっと、自分本位になってもいい気がするのですが…。
だって"徳永さんの人生"なんですから。

自分の好きな人に好きになってもらえて、幸せを感じていられるなら、それで充分だと思うのです。
周囲の人とか両親も、関係ないのではないかと。
いやもうホント、自分の幸せを貪欲に求めていっていただきたいです!!

高梨は、自分に素直に求めていけるタイプ…な、気がしますが。
徳永さんは苦手そうなので、是非とも高梨にフォローをお願いしたい!!
徳永さんをほにゃっと、いつまでも笑顔にしてあげて欲しいものです。

イルカちゃんが流れていく場面…全く想像していなかった、展開で驚きました。
川に流される…と聞いて、なんとなくコミカルなものだと思っていたので。
まさか、あんなに切なく胸を打たれる場面だったとは…。
徳永さんの号泣につられて、泣いてしまいました。

徳永さぁあーんっ!!
嗚呼…この場面…ドラマCDにしていただけないものでしょうか?!
興津和幸さんの声で、是非聴いてみたいです!!

この巻の古谷さんvs高梨も、メチャクチャ格好いいので二又一成さんと小野友樹さんの声も聴きたいです!!

[amazon asin="B017DY3PFM" kw="ドラマCD 俺と上司の恋の話"]

続編、企画されないかなぁ。
期待しております!!