こめなべ

マンガ・アニメ・ドラマや映画の感想&声劇台本置いてます

女性への贈り物に迷ったら、1輪の花がオススメ!

こめなべ-20170707

待てば必ず会える織姫と彦星は幸せ者

七夕…というと、「織姫と彦星が1年に1度、出会える日」。 願い事云々よりも、勝手に2人のロマンチックな再会を妄想してみたりします。

私は「1年に1度しか会えなくて、かわいそう」…とは、思いません。 むしろ、その日が来れば必ず想い人に会えると約束されているなんて、すごく素敵なことではないかと!!

待っていれば、必ず会える―…。 そう確信していれば、再会するまでの時間も、それほど辛くない気がします。 それに毎年、毎年、同じ日に再会して、互いの気持ちを確かめ合うなんて、まさに永遠の愛…(うっとり)。

1年とか10年とか…その長さを想像できるレベルじゃなくて…何千年とか、何万年単位の両想いですよ!? すごいなぁ。

それだけ愛せる相手に出会えることも、奇跡だと思うので。 織姫と彦星は、やっぱり幸せ者だなぁ…と。

今夜はたっぷり、お互いの想いを伝えあえているでしょうか。 分厚い雲に覆われて、天の川を見ることは叶わなそうですが…確か、星空を見るアプリがあった気がします。

星座アプリを紹介した記事を、発見しました。

>参照:【星座アプリ】天体観測におすすめ星座アプリ16選|CAMP HACK[キャンプハック]

今夜だけでも、使ってみようかなぁ。 トキメキが増しそうです。

小さいブーケや1輪の花は、かなり喜ばれます!

織姫と彦星の、ドラマチックな恋を妄想していると…昔、目の前で見た、ある光景が浮かんできます。

私は花屋さんに居たのですが、そこへ男性が駆け込んできました。 そして、とびきりの笑顔で「おっきい花束って、できますか?!」と。 男性の勢いに押されて、少し驚いていた花屋さんが、どんな用途か尋ねると「これから、プロポーズするんです!!」と、言われたのです。

「彼女を待たせているから、後で取りに来ます!」と言って、颯爽と立ち去った男性を見送って、素直に「いいなぁ」と思いました。 ドラマみたいな展開に、ワクワクしていると…私の隣にいた既婚者の友人は「結婚するなら、これから何かと物入りなのに…大きな花なんて」と、経験者ならではのコメント。

なるほど。 価値観が違うと、大変なことになりそうです。

ただ、そんなに意気込んで大きな花束にしなくても、大丈夫。 花屋さんでは1輪からでも、購入できます。 さらに、お願いすればラッピングもしてもらえます。 ※料金が別途発生する場合もあるので、要確認

女性への贈り物困ったら、がよい」と、どこかで読んだ記憶があるのですが…思い出せません。 ただ、実践してみると、予想以上に喜ばれるのでビックリします。 過去に何度も実践している、私の経験談です。

しかも大きな花束ではなくて、小さいブーケや1輪の花ばかり。

小さいブーケというのも、大きさや予算を花屋さんに伝えれば、すぐに作ってもらえます。 すべてお任せすることもできますし、あげる相手のイメージした色で作ってもらうのも、オススメです。

花の配色が、わかりやすく書かれている記事を発見しました。

>参照:もう花屋さんで迷わない♪ オーダーのコツ&ブーケアレンジ見本帖。 | キナリノ

私がよくお願いするのは、ビタミンカラー。 オレンジ色や黄色、緑色などの明るい色です。 基本にしてくださいとお願いするのは、2色ほど。 あとは店員さんが、その色に合わせて上手くまとめてくださいます。

また、お店によったら500円くらいのものを、作り置きされている場合があります。 イメージにあったものがあれば、それを活用するのもアリです!

慣れないと照れ臭いかもしれませんが、馴染みの花屋さんを見つけておくといいと思います。 なんでもない日に贈り物として、花を1輪。 ちょっとお洒落で、素敵だと思うのです。

彦星にもオススメしたいなぁ。