こめなべ

マンガ・アニメ・ドラマや映画の感想&声劇台本置いてます

乙女向けドラマCD『終末のエスペランサ Act.01 カガリ』ネタバレ感想-念願叶った展開

こめなべ-20170711

終末のエスペランサシリーズ大好きです!!

平井達矢さんが出演されている乙女向けドラマCD終末のエスペランサ Act.03 アマネ』が、とても好きな作品で。
シリーズものであると知り「いつか、他の作品も聴いてみたい!」と、思っておりました。


>参照:シチュエーションCD【終末のエスペランサ Act.01 カガリ】(CV:あさぎ夕)予告動画 - YouTube

最近、TSUTAYAで半額券をもらい「この機会に、借りたかったCDを借りてみよう!!」と、気になっていた『終末のエスペランサ』シリーズを、借りてきたのです!
いやはや、やっぱりこのシリーズ大好きだ!!

>公式サイト⇒終末のエスペランサ | 花鏡

今回は、乙女向けドラマCD『終末のエスペランサ Act.01 カガリ』のネタバレ感想を書きます。
結末を含みますので、苦手な方はご注意ください。

乙女向けドラマCD『終末のエスペランサ Act.01 カガリ』のざっくりしたあらすじ

あるとき突然現れた、新種のウイルス。
感染すれば胸の真ん中にアザができ、1週間で死に至る。
自覚症状がなく、また特効薬も無いため、感染すれば死ぬしかない。

新種のウイルスは世界中に蔓延し、人類は滅亡の一途を辿っていた。

ヒロイン(聴き手のこと)は隔離地域から離れた場所で、1人暮らしをしている。
テレビもラジオも放送されず、通信手段も絶たれ、家族や友人の安否すらわからない。

食事や身の回りのものは、全て配給制
指定された場所へ行き、並んで品物をもらうのだ。

そこへヒロインの幼馴染みで、元カレのカガリ(CV:あさぎ夕さん)が現れる。
沢山の人が配給をもらいに来るので、カガリとヒロインが自分の分を受け取る頃には、すっかり日が暮れてしまった。

治安も悪くなっているので、自宅まで送って行くという、カガリ
別れてから、ぎこちなくなってしまった空気を引きずりながら、帰途に着く。

2人で歩いていたにも関わらず、ヒロインは突然背後から現れた男たちによって、配給品を奪われてしまう。
突き飛ばされて、足を挫いたヒロインはカガリにおぶられて、帰ることになった。

配給を盗まれたことに責任を感じたカガリは、ヒロインを家に送り届けると、配給品を分け合う提案をする。
彼女を気遣いながら、言葉を選ぶカガリ
そんな彼の目に、昔使っていたギターピックが飛び込んでくる。

事故で右腕を失くし、音楽を辞めると決めたとき、カガリが川へ投げ捨てたものだ。
ヒロインがわざわざ拾ってきたことに気づくと、カガリは苛立ちを露わにする。

ヒロインにとっては大切な思い出だが、音楽を辞めると決意したカガリにとっては、辛いものでしかない。
押し殺していた感情が、ふつふつと溢れ出してゆく。

カガリがヒロインと別れたのも、事故が原因だった。
腕を失くしたカガリは現在、義手を使って生活している。
日常生活に支障はないものの、義手ではギターを持つことも出来ない。

それは元気だった頃のように、彼女を守ってやることが出来なくなったということだー…。
義手を見るたび「お前には彼女を幸せに出来ない」と言われているようで、カガリは胸を痛める。

だが、別れてからもカガリは彼女を。
彼女もまた、カガリを忘れられずにいた。
本心をぶつけ合い、もう一度やり直そうと決める、カガリとヒロイン。

ところが、カガリがウイルスに感染してしまう。
ヒロインは最期まで一緒にいると誓い、カガリを抱きしめる。

数日後。
彼女もウイルスに感染し、カガリが亡くなった後を追うように、この世を去った。

共倒れな結末がとても好みでした!

このシリーズは、本編がdead endなんですね…。
アマネ編だけが、亡くなる設定なのかと思ってました。

カガリ編では、ヒロインもウイルスに感染するという結末で…個人的には、とても好みです。
だって、折角想いの通じ合った人と、また別れるだなんて耐えられません。

アマネ編のときに、ヒロインは1人置いて逝かれてしまうので、念願叶った展開でした。
ヒロインが先に感染…という展開は、無いのでしょうか?

ヒロインを想って、どうにかなってしまいそうな恋人も、聴きたいものです。
見送る立場で聴いているのがしんどくて、そんなことを思いますが…遺していく側は、遺していく側で苦しい想いを抱えてしまうのか…。

dead endでも「すごいなぁ…」と思うのは、感染したキャラが最期まで生き切るところです。
自暴自棄になって、自ら命を断ちそうにも思いますが…意外に前向き。

感染後に、痛みや苦しみといった症状が出ないところも、最期まで生きようと思えるのかもしれません。
…生き絶える直前まで愛し合っていたので、そこまで激しい症状はでないと勝手に理解しました。

ところで。
カガリは偶然にも、胸のアザを発見しましたが…この時点で感染何日目とか、正確にはわからないのでは?と、思いました。
ウイルスに感染しても、自覚症状がまるでない訳ですから。

ライフラインが壊滅的で、もしかするとお風呂に入るのも、ままならない日々だったら?
着替えとかも、極力減らしているかもしれません。

アザに気づいたがために、「後1週間の命だ…」ってなったなら。
アザに気づかなければ、ずっと生きてられるんじゃ??なんてことも、妄想しました。

そうしたらカガリとヒロインの2人で、特効薬ができるまで生き延びた…なんて展開もあったかもしれないですよね。

幼馴染みで、互いに好きだと自覚して、それで結ばれたという深い絆があるんですから。
強かに、幸せを掴んでもらいたいものです。
dead endなんですけれども。