こめなべ

マンガ・アニメ・ドラマや映画の感想&声劇台本置いてます

乙女向けドラマCD『どっちの彼が好きですか?Vol.3-書店員の彼orヤンデレな年下の彼』ネタバレ感想

こめなべ-20171019

書店員の彼とヤンデレな年下の彼のギャップがすごくてビックリ!

乙女向けドラマCDどっちの彼が好きですか?Vol.3-書店員の彼orヤンデレな年下の彼』。
声優平川大輔さんが出演されるというので、レンタルしてきました!!

>公式サイト⇒ドラマCD『どっちの彼が好きですか?』公式サイト

タイトルから「1人2役されるんだー!!」と、ワクワクしておりましたら…短編2話でした。
全く別の物語で、異なるタイプのキャラクターを演じられる、平川さんを堪能できるという。
1枚のCDで二度オイシイ、内容です。

おっとりと穏やかな性格の、書店員・篠村泉(しのむら いずみ)。
ちょっぴりオバカで元気いっぱいの、大学生・森朋章(もり ともあき)。

書店員さんから、大学生に物語が変わった瞬間は、あまりのキャラの違いに思わず、イヤホンを耳から抜きました。
ギャップがものすごかったんです!!

今回は、乙女向けドラマCD『どっちの彼が好きですか?Vol.3-書店員の彼orヤンデレな年下の彼』の、『書店員の彼編』のネタバレ感想を書きます。
苦手な方は、ご注意ください。

乙女向けドラマCD『どっちの彼が好きですか?Vol.3-書店員の彼orヤンデレな年下の彼』のざっくりしたあらすじ

書店員の篠村泉(CV:平川大輔さん)は、子どもの頃から本が大好き。
毎日、本に囲まれて仕事をしていながら、休日も本屋さん巡りをして、大量の本を購入してしまうほど。
一日一冊は本を読むという読書家なので、自宅の中は本だらけ。

本棚に入りきらない本は、床に積んで置いてある。
いつか壁一面が本棚になっている家に住むのが、夢だ。

いつも通りに、入荷した本を並べてゆく、泉。
店内で困った人を見かけると、声を掛けて相談にのってやる。

彼女(ヒロイン…聴き手のこと)も、そのうちの一人だった。
なにやら探しているらしい彼女に声を掛けると、『鱗辞典』を探しているという。

生物全ての鱗が載っているその本は、あまりにマニアック過ぎて入荷を見送られていた。
泉は「取り寄せでよければ」と提案し、彼女は「お願いします!」と、本を注文する。

『鱗辞典』は、泉も前から気になっていた本だった。
この機会にと、彼女の注文と一緒に自分の分も購入。
彼女がふたたび店を訪れたときに、『鱗辞典』の話で盛り上がる。

聞けば…大正時代の作家・コトウリュウセイの『魚の墓場で』を読んでから、鱗に興味を持ったらしい。
自分と似た空気を持つ彼女は、コトウの書いた『朝焼けの夢』をずっと探していると言う。

『朝焼けの夢』は出版部数自体が少ないので、古本屋をどれだけ探しても、手に入れるのは困難だ。
泉は、彼女がまだ知らなかった古本屋・坂本堂古書を紹介する。
ただ…入り組んだ場所にあるため、わかりづらい。
案内役をかって出る、泉。

休日。
彼女と2人で古本屋を訪れる、泉。
店内は規則性もなく、本棚に収められているため、1棚づつ時間をかけて探した。
すると…奇跡的に、『朝焼けの夢』を発見!!

大喜びする彼女は、泉にお礼がしたいと、お茶に誘う。
楽しそうに本の話をする彼女に惹かれてゆく、泉。
もっと話がしたいと、休日に本屋巡りをしようと提案する。

時間を共有する内、彼女のことが好きだと自覚した泉は、告白。
2人は付き合い始め…やがて、将来を約束する仲になった。

時折聴ける、泉の慌てっぷりがツボでした!ギャップ萌え!

めっちゃ、ほのぼのするお話でした。
それに泉の話し方、ふんわりと柔らかな声音にとても萌えます!!
もしも実在するならば、私も声を聴きに本屋さんへ通ってしまうでしょう。

本が好きで、大好きで。
プライベートでもお仕事でも本尽くしな泉が、彼女と出会うことで表情が増えてゆき。
好きという想いを自覚してゆく流れも、やさしくて胸キュンが止まりません!!

急展開はまるでなく、一歩づつ2人で想いを確かめ合ってゆく流れが、とても好みです。
物語がゆっくりゆっくり進んでゆく中で、たまにポンッと進むときは、泉が慌てる×慌てる!!
「大丈夫かな?早かったかな??」という、不安げに戸惑う心の声には、口元が緩みました!

普段冷静で、あまり取り乱したりしないような人なので、そのギャップに萌えて。
なんて、可愛らしい人なんだ!!と。

そんな泉が「可愛い」という彼女…ヒロインは、純正の可愛らしさを持った人なんだろうなぁ。
見た目はもちろん、表情や仕草、考えたかとか。
面倒見もいいし、優しいし。

段々、泉がうらやましくなってきました…。

なんのかんので、泉と彼女がすごくお似合いで!!
最終的に、心がぽかぽかあたたかくなる作品でした!!