こめなべ

マンガ・アニメ・ドラマや映画の感想&声劇台本置いてます

サブカレとコラボ!乙女向けドラマCD『Love Tranquilizer~キミだけが知っている~ 松澤佐』!!

こめなべ-20171116

声優・佐和真中さんが演じるキャラクター・松澤佐再び!!

乙女向けドラマCDLove Tranquilizer~キミだけが知っている~』。
シリーズ物の中で、声優佐和真中さんが演じておられる、キャラクター・松澤佐(まつざわ たすく)。

職業は、俳優。
一時期荒れていて、女遊びが激しかったこともあるが、現在は"恋人"の存在があるため、落ち着いている。

チャラチャラした雰囲気は、あくまでビジネス用。
根は一途で、優しく、真面目。
また芝居が大好きで、テレビや映画・バラエティに出演しながら、劇団に所属し舞台にも出演する。

>公式サイト⇒Love Tranquilizer~キミだけが知っている~ | 花鏡

忙しい彼のマネージメントを務めるのが、"恋人"でもあるマネージャー(ドラマCDのヒロイン…聴き手のこと)。
この2人のやりとりが、喜怒哀楽に富んでいて面白いのなんの!!
マネージャー役の方はおられず、佐演じる佐和さんがお一人で二人分の空気感を作っておられるのですけどね。
すんなり物語に入り込めます。

私はお芝居が好きで、役者さんも好きなので、佐の出演する乙女向けドラマCD『Love Tranquilizer~キミだけが知っている~ 松澤佐シリーズ3編』は、どれもツボ!!
3作全部聴きましたが、プライベートで見せる佐の表情がどんどん可愛くなっていくのが、たまりません。

頭に血が上ると、思った以上のことを口に出してしまうのですが…すぐに反省して「ごめん」って、言えるようになりましたし…。
聴き込めば聴き込むほど、マネージャーの気持ちに立つよりも、母親の心境になってきます。
「佐ったら、大人になって…(ほろり)」←ヲイ

そんな大好きなシリーズが、『サブカレ』というアプリとコラボした!!というではありませんかっ!!

>公式サイト⇒「サブカレ」とは?恋愛応援アプリで「サブカレ」を作りませんか?

基本プレーは無料で出来る…というので、ダウンロードしてみました。

『サブカレ』で佐からボイスメッセージが届く楽しさ!

スタート画面に表示される、佐を選択すると"サブカレ"として、登録完了。

"プライベートトークは対応していません"という説明に対して、「佐からの返信は定型文でも、こちらからはメッセージが自由に入力できるんだ」と、思い込んでいました。
ところがどっこい!!
こちら側から送信するのも、すべて用意されたテンプレートの中からでした。

このテンプレの種類が、少ないのなんの…
定型文しか戻って来ないのはヨシとして、こちらから送信するメッセージは朝・昼・夜で、各50種類くらいあってもいいんじゃないかと思いました。

あまりに選択肢が少ないので、同じメッセージを連打するハメになります。
それでもまあ佐からは、なにかしらのメッセージが戻って来て、たまにボイスメッセージが届くのでした。
このメッセージは、もとろん佐和さんの声で…「佐ーっ!!」と、にやにやしてしまうものばかり。

初日は割とメッセージを送信するたびに、ボイスメッセージが返ってくる率が高かったです。
次の日からは、「あ、コレもう聴いた」というものが多くなってきます(仕方のないことですが)。

■コラボの詳細

・メッセージが届く(種類はなんと200種類?!)
・自撮りが届く(サブカレ!だけの描き下ろし画像)
・ボイスが届く(録りおろしボイスは60種類?!)
・限定ボイスドラマの販売

>引用元:Love Tranquilizer~キミだけが知っている~ | 花鏡

全部で60種類のボイスメッセージがあるそうなので、期間中に全部聴けたらいいなぁ。

課金をすると、限定のオリジナルドラマが聴けるそうです。
これがまた…前後編に分かれていて、それぞれ1,400円という料金が発生しています。
合計…2,800円…。

新しいドラマCD…円盤のが、1枚買えるお値段です。
前後編通しで、1,400円なら手が出るんですが…2,800円かぁ。
「松澤佐シリーズの続編が聴きたい!!」という声を上げて、新作を出してもらうほうに力を注いだほうがいいんじゃないか…という気がしております。

…実現するかどうかは、わかりませんが。

このドラマCDは購入しても、アプリを削除してしまったが最後…データは全部消えてしまうようです。
期間限定商品だから、「データが消えたので、また買いたい!」ができませんし。
気持ち的には、一度聴くために2,800円を支払う感じでしょうか。

2,800円は…正直、イタイです。
データをPCとかにダウロードできるなら、いいんだけどなぁ。
コラボ期間中、悩んでみることにします。