こめなべ

マンガ・アニメ・ドラマや映画の感想&声劇台本置いてます

アニメ『彼女と彼女の猫 -Everything Flows-』のネタバレ感想-箱ティッシュが空になりました

こめなべ-20180403

空き時間に見ようなんて思わない方がいい作品

Huluでアニメを検索していて、見つけました。 『彼女と彼女の猫 -Everything Flows-』(原作:新海誠)。

あらすじを読んで、興味を惹かれ。 また28分という短さに、「これなら空き時間に見られるぞ」と思ったのです。 (あとで後悔することになるのですが…)

1時間超えのガッツリした作品も好きですが、ちょっとした時間にサクッと見られる作品も大好きです!!

「彼女と彼女の猫 -Everything Flows-」完全版(Blu-ray)

>公式サイト⇒「彼女と彼女の猫 -Everything Flows-」

声の出演は、花澤香菜さん、浅沼晋太郎さん。

今回は、アニメ『彼女と彼女の猫 -Everything Flows-』のネタバレ感想を書きます! 結末を含みますので、苦手な方はご注意ください。

アニメ『彼女と彼女の猫 -Everything Flows-』のざっくりしたあらすじ

母一人、娘一人の家にもらわれてきた、黒猫のダル(CV:浅沼晋太郎さん)。 仕事で忙しい母親は、自分の代わりに娘・美優(CV:花澤香菜さん)の傍にいてやって欲しいと、ダルに頼む。

ダルは美優の笑顔が大好きで、ずっと一緒に居たいと思うが。 美優は、母との生活に割り込んできたダルが、嫌いだった。

ある日、ダルを捨てようと外に出る、美優。 そんなことは考えもしていないダルは、夕陽や川の水面の美しさに目を奪われていた。

捨てる覚悟のつかなかった美優は、公園でダルを持て余す。 そこへ同じ学校に通う女の子が、声をかけてくる。 ダルのことを可愛いと言い、家に遊びに行きたいとまで言うのだ!

転校したばかりで友だちのできなかった美優は、ダルのおかげで友だちができたことに感謝する。

時は流れ。 美優は大学進学を機に、実家を出る決意をする。 再婚する母を気遣ってのことだ。

ダルと美優が、新しい暮らしに慣れた頃。 美優は就職活動に行き詰っていた。 自分がダメな人間だと思い込み、どんどん引きこもってゆく。

傍で見ていたダルは、美優の痛みを理解して、なんとかしてやりたいと思う。 老いた身体を動かし、ダルは美優の母親を呼んだ。

それは電話という方法で、まさかダルが電話を使えるハズがないと、大笑いする美優と母親。 美優の腕の中で、彼女の笑顔を見たダルは「元気になってよかった」と安心して、息を引き取る。

死んでからも、ダルが想うのは美優のことばかり。 彼女を探し、また彼女の猫として共にありたいと、願い続けるのだった。

>参照:彼女と彼女の猫 -Everything Flows- Blu-ray&DVD PV - YouTube

浅沼さんの声と語り口に萌えて、何度でも見たくなります!!泣くけどっ!!

ダル役の浅沼さんの声が、優しくてあたたかくて。 淡々とした語り口が、まるで本物の猫のようで。 初っ端から、ぐわっと世界に惹き込まれました!!

「とにかく、このコの話を聴きたい」と!!

すごく新鮮だったのは、ダルが人間の言葉を理解できていないということ。 普通…こういう物語って、猫の方は人間の言葉を理解していて、人間にそれをどうにかして伝えたいと、足掻くところが醍醐味?というか。

それなのに、ダルは「言葉は理解できないけど、きっと気持ちは一緒」と自己完結してしまいます。 確かに肝心なところは、通じ合っているんですけど。 それすらお互いがわかってなくて。 でも、それでいいという…なんとも潔い男…いや、猫なのです。

これに関するエピソードで、美優が子どもの頃。 落ち込んでいるときに、ダルはイモリ(ヤモリ?カナヘビ??)を捕まえて来て、目の前で放してみせます。

その際、美優の大事にしていたマグカップを割ってしまうのですが、そこはスルー。 美優がイモリに驚いて悲鳴を上げたのを見て、「よかった。元気出た」と満足する、ダル。

…ダルよ、そうじゃないんだ…と思いながらも。 ああ…猫の元気づけようとする気持ちって、こんな感じなのかもしれない。 ダルの行動が、ストンと心に落ちました。

小さな身体で、懸命に美優を愛する姿は、本当に健気で。 もう涙が止まりませんでした。 誰だ!空いた時間にサクッと見ればいいなんて言ったのは!!←自分だ

花粉症のときよりも早いスピードで、箱ティッシュ消費しました。 目も鼻も、シパシパして大変です。

それにしても。 転生してからも、猫で美優の傍にいたいなんて。 ダルは根っからの、"彼女の猫"なんだなぁ。 …嗚呼、もう最後まで涙が止まりませんでした!!

28分でこんなに泣くとは、思ってもいなくてビックリです。 短時間ではありますが、是非しっかり時間をとって見て欲しい作品です!! 猫好きな人に、超オススメしたいっ!!