こめなべ

マンガ・アニメ・ドラマや映画の感想&声劇台本置いてます

2018年8月5日-『平川大輔がYATTEKURU』第一部トークショー感想-前編

こめなべ-20180806 2018年8月5日(日)。 今年も小倉で、平川大輔さんのトークイベントがあると知り、チケットを取って行ってきました!! 約一年ぶりの『あるあるCity 福岡』…堪能してきましたよーっ!!

今回は、2018年8月5日-『平川大輔がYATTEKURU』第一部の感想を書きます。 長くなってしまったので、前編と後編にわけました。

なお記事中にある、平川さんとだんごばーなのお二人の会話につきましては、私の脳内加工済みのものです。

そのため、まるっと本気になさいませんよう、ご注意ください。 あくまでも…こんな雰囲気だったんだなぁ…と、受け取っていただければ幸いです。

携帯を使った、お客様参加型企画が斬新

会場に入ると、スタッフさんから「こちらのQRコードを読み取ってください。アンケート企画で使用します」と、案内されました。

言われるままに“テロリロン♪”と読み込めば、質問と選択肢が表示されました。 私はてっきり、このトークショーが終わってから使う物だと思っていたのに、画面を見るとなにやら用途が違うようです。

訳がわからず、スタッフさんに使い方を聞いてみると「トークショーの中で、司会の者が指示を出します。そのときに画面の選択肢を選んで、参加していただくようになります」と、丁寧に教えてくださいました。

それでもまだ、アンケートを使うのは一回だけだろうと、高を括っていたのです。

さあ、携帯を使ってトークショーに参加しよう

だんごばーなのまるおさんとジョージさんが登場し、トークショーはスタート スタッフさんから聞いた、QRコードの説明が入りました …と。

まるおさん「テストしてみてって、スタッフさんに言われてんやけど」

ジョージさん「それやったら、平川さんに出てもらってから、やろう」

名前を呼ばれると、舞台袖から“とてててて…”という感じで、平川さんが登場。 客席に向かって挨拶を済まされると、アンケートシステムに興味津々。

テスト問題は「もしも世界に、まるおとジョージしかいなかったら、どちらと結ばれたいですか」 問題を聞くと早速、平川さんは「うーん」と悩んで見せ。

平川さん「付き合うとかじゃなくて、結ばれるんだもんねー」(選びかねず、唸る)

ジョージさん「平川さん。僕、身長181あります」

平川さん「んっ」(ぴょこんと、ジョージさんの隣にくっつく)←可愛い

ステージ上で、ほんわかなやりとりが繰り広げられる中、お客様からの結果が端末に続々と集まっている様子。 どうやら結果が自動で集計され、円グラフ化されるシステムのようです。

テスト問題の結果は、まるおさんの勝利 勝てると思っておられたジョージさんは、しばらくしょんぼり。

主に司会進行を務められる、まるおさんもこのシステム初体験とのことで、触りながらやり方を覚えてゆかれているようでした。 とりあえずシステムの使い方もわかったということで、本格的にコーナー開始。

ここから、深層心理ゲーム中はずっとアンケートフォームを使うことになったのです。

平川さんの内面を暴いちゃおう、深層心理ゲーム

問題は、合計6問ありました。 順番やら診断結果につきましては、うろ覚えのため“雰囲気のみ”味わっていただければ幸いです。

この深層心理ゲームは、携帯のアンケートフォームを使って、お客様も同時に参加できるものでした。 自分が発言する訳ではないのですが、回答を送信することで“イベントに参加してる感”が強まって、面白かったです。

問に対する答えは、平川さんのものになります。

Q.庭を片付けていたら土の中からツボが出てきました。その中には何が入っていたでしょうか

A.庭の土

騙されやすさ度を図る問題でした。 診断結果はー現実的です。騙されにくいタイプです。

平川さん「そうですかぁ?よく騙されるんですけど…あ、でも、深層心理はってことかぁ。…もっと出てこいー!!」(と、自分の内面に向かって)

Q.寝るときにどんな格好で寝ますか

A.仰向け

この問題では、解答欄にあった“膝を抱えて、丸まって寝る”が、「どんな状態なんだ」と、話題に。

まるおさん「膝を抱えて、丸まって寝る…って、どういうこと?(実際、いろいろ丸まって寝るポーズをしてみるが、しっくりこない)」

平川さん「やっぱり横向きで、丸まって寝るんですよ」

解決案を出しつつも、平川さんは椅子の上で膝を抱えて丸まってみるポーズ。 そうこうしている内に回答が集計され、円グラフが表示されました。

まるおさん「わぁ…意外に、“膝を抱えて、丸まって寝る”の人がダントツで多いですね」

平川さん&ジョージさん「えぇえぇえっ!?」と、衝撃の叫び

ところが、円グラフに使われてる色と、平川さんとジョージさんが使われている札の色が違っていたため、まるおさんが結果を読み間違えてしまったという、アクシデントでした。 “膝を抱えて、丸まって寝る”という人はおらず、横向きで寝る人が多いという結果に。

平川さん&ジョージさん「納得?」と、笑い

診断結果に…“膝を抱えて、丸まって寝る人は、誰かに守られたい人”と出ると。

ジョージさん「え?自分を守ってるんじゃなくて?」

平川さん「こう、後ろから(ハグのポーズをしつつ)守ってもらうっていう、感じもありますよ?」と、提案

疑問点について、その場その場で御三方で話し合って解決されてゆきました。 わからないまま、スルッと流さないところが、真剣さを感じてすごくよかったです。

(結局、私は仰向けの診断結果を思い出せない)

Q.朝いつも起きる時間より、2時間早く起きてしまいました。さて、何をする?

A.二度寝

セレブになる素質があるか?を、図る問題でした。 診断結果はー貧乏、なまけもの セレブになれる素質はない…と、判断されました。

平川さん「えー…でも、寝てたいですもんー」と、拗ね拗ね

しかし、お客様からの回答も“二度寝”がダントツに多いという結果に。

平川さん「(客席に向かって)ですよねー。やっぱりみんな、二度寝するよねー!!」

一緒の答えの人が沢山いるとわかって、嬉しそうに笑う、平川さん。 「よしよし」と、満足そうです。

Q.山盛りの青リンゴの絵が描いてあり、その一番上が空いています。さて、あなたが何か描くとしたら、その一番上に何を描きますか?

A.青リンゴ

負けず嫌い度を図るための、問題でした。 診断結果はー負けず嫌い度70パーセント

さて。 この問題が出題されたときも、御三方の頭に「?」が。

まるおさんが、わからないなりに必死に、こういうことなんじゃないの…と、説明をしてみるのですが、どうにも納得がいかない。

するとスタッフさんが、スケッチブックに“こんな感じ”と、絵を描かれました。 それを見た平川さん、自分のマイクを置くと、すぐにスタッフさんに駆け寄ります。 その手から、自然とスケッチブックとマジックを受け取り、戻って来ながら…

平川さん「あー…こういう…(ハッと、我に返り)あ!これ、マイクじゃない!」と、あわあわ

…そう、受け取ったマジックを手に、平川さんは喋っておられたのです。

まるおさん「もー。平川さん、天然やめてくださいよー」と、愛おしそうにツッコミ

平川さん「長いものは、もうなんでもマイクだと思っちゃって」と、照れ照れ

客席に向かって絵を見せ終わると、スタッフさんにスケッチブックとマジックを返却する、平川さん。

平川さん「マイクお返ししますー」と、マジックを手渡す

ものすごくナチュラルに、マジックに向かって喋られる姿、めっちゃ可愛らしかったです。

Q.見ると幸せになれるという絵があります。そこに描かれている天使は、手に何を持っているでしょうか?

A.プレゼントの箱

わがまま度を図るための、問題でした。 診断結果ー(…これも、忘れてしまった)

問題が出た瞬間ー

平川さん「また絵かぁー」と、うなだれる

よほど絵が苦手なご様子。 問題で出るのも、嬉しくない感じなんですね…。

ジョージさん「これ、選択肢見る前に、何かゆってみない」

まるおさん「ああ、自分がゆったのが選択肢の中にあるかってこと?」

平川さん「えっと…天使だから、弓とか持ってるんじゃないですかね」

ジョージさん「僕は、スティックみたいなの。でんでん太鼓の洋風みたいな」

平川さん「ああ…鈴がついてて、鳴る感じ」と、仕草をしてみる

選択肢が表示されると、弓もスティックもありません。

平川さん「あれー?!全然違ったー!入ってると思ったのになぁ」と、不思議そう

Q.部屋にひとつだけ、すりガラスの窓があります。その窓を開けると、何が見えるでしょうか?

A.電柱

嘘つき度を図るための、問題でした。 診断結果はー詐欺師レベルの、嘘つきです。

まるおさんから、詐欺師で散々イジられた後。

平川さん「いろんな役をやるために…ね?」と、必要性をアピール

まるおさん「なるほどー!そうですね」と、納得

平川さん「…(セーフと、ジェスチャー)」←こそーっとされてるのが、可愛い

深層心理ゲームを終えて

前半、いい感じの診断結果が続いていたものの、後半で“貧乏・なまけもの”、“詐欺師”と言われてしまった、平川さん。

平川さん「ちょっとー!僕、散々な言われようじゃないですか?詐欺師で、貧乏って」と、ぷりぷり

まるおさん「ちょっと、平川さん拗ねんとってくださいよ」と、苦笑

と、まあ。 ぷりぷりするのは、冗談で。 客席の方と一緒にゲームができて、楽しそうな平川さんなのでした。

後編につづく。