こめなべ

マンガ・アニメ・ドラマや映画の感想&声劇台本置いてます

オハ劇日本橋『君らしいを新しく』観劇-40分で一日分のパワーをチャージできる!!

こめなべ-20181205-オハ劇日本橋タイトル

オハヨウ劇場40分 『君らしいを新しく』を観てきました!

2018年11月18日(日)。 役者の宮原奨伍さんが出演されると知り、日本橋で上演されている”オハ劇”に行ってきました。

オハヨウ劇場40分 『君らしいを新しく』 脚本:益永あずみ 演出:音波羊 出演:石川勇人さん、宮原奨伍さん、狩野和馬さん、アモーレ橋本さん、右近良之さん ※演者さんは日替わりですので、必ず公式サイトでご確認ください

チケット:3500円(税込)※朝食とワンドリンクつき 土日公演:9時開場、9時30分開演※平日公演は時間が異なります 上演時間:約40分※上演後に出演者の皆さまのトークなどがあり

>公式サイト⇒オハヨウ劇場40分!

このオハ劇は、普通に営業されているカフェの中で、行われます。 劇場のような、ステージと客席という区切りがないため、メッチャ近くで役者さんたちのお芝居を堪能することができるんです!!

自由席なので、空いている席で「ここがいい」と思う場所に座れるのも魅力!! もしも選べなくて迷ってしまったら、役者さんたちが「この席はどうですか」とか、アドバイスしてくださいます。 なので、1人で初めて行くけど…って方にも、安心です!!

そのほか、わからないことは開演前に、役者さんたちがドリンクや朝食を運んできてくださるので、そのときに聞くこともできます。

「みんなで楽しもう」という心配りがハンパないので、ひたすら楽しいです! お芝居が好きな人、気分を変えて朝からテンション上げていきたいという方に、超オススメ!!

オハヨウ劇場40分 『君らしいを新しく』のざっくりしたあらすじ

カフェの新米店員・新谷(石川勇人さん)は、慣れないながらも一生懸命に働いていた。

これまでは居酒屋など、少しでも時給のよい場所で働いていた新谷だが、結婚を考えている彼女の兄から、夜の店で働くことを禁止されてしまったという。 さらに結婚する条件として、100万円貯めることを要求された。

彼女の兄に認めてもらうため、早朝からこのカフェで、まじめに働く新谷を、常連客の佐藤(宮原奨伍さん)やオーナーの天神(右近良之さん)は応援している。

そこへ偶然、新谷の彼女の兄・剛田(狩野和馬)がやって来た。 戸惑いながらも接客する、新谷。

弁護士の剛田には、過去、居酒屋で起こした暴行事件のことを知られている。 新谷にとって、守りたいもののためであったが、今では暴力を振ったことを悔いていた。

しかし剛田は「なにかあれば、すぐに手が出る人間」として、新谷のことを信じようとはしない。

タウン誌の記者という松尾(アモーレ橋本さん)がやって来きて、店を取材したいという。 天神、佐藤、新谷は大喜びで、松尾の質問に答えてゆく。 インタビュー後、唐突に掲載料の話を始める、松尾。

てっきり無料だと思っていた天神は、20万円と聞いて断ろうとする。 2号店を出したくて、資金集めをしている中、20万円は大金だ。 だが、松尾はそれを許さない。 お金を払えと、執拗に天神に迫る。

理不尽に責められる天神を見かねて、新谷が松尾に手を伸ばそうとしたとき…それを制したのは、剛田だった。

剛田は手際よく場を仕切ると、上手く松尾をなだめる。 そして新谷や天神、佐藤の想いを汲み取り、店の宣伝のためにと、自ら広告宣伝費20万円の投資を申し出た。

新谷は驚き喜び、天神が用意してくれる2号店の店長になるべく、ますます努力を重ねてゆくのだった。

始めから終わりまで、目玉が痛くなるくらい笑いっぱなしでした!

とにもかくにも個性の強いキャラばかりで、始めから終わりまで、笑いっぱなしでした! 涙出すぎて、目玉が痛くなるくらい笑いましたよー!!

ギャグが沢山あるとか、そういうのではなく。 必死になってる人ならでわの、面白さです!! 誰かをおとしめたり、けなしたりすることなく起こる笑いなので、気持ちがイイ!!

意外だったのは、右近さんが開演前から開演後まで、一番楽しそうにされていたこと! もっと…物静かな方なのかと、勝手に想像していたので。

「ノッケから、そんなにテンション高くて大丈夫ですか?」と、思わず心配してしまいましたが、お芝居もトークも、ダンスも軽やか軽やか!! 全く余計なお世話でした。

もしも近所でオハ劇をやってたら、月2回は通いたいくらいです!! (広島でもやっていただきたいっ!!)

オハ劇は、『CAFE SALVADOR BUSINESS SALON』というカフェで、上演されています。 住所:東京都中央区日本橋茅場町1-5-8 東京証券会館1階

私は、公式サイトのTOPページを見て「駒沢大学駅で下車すれば行けるんだ」と思い込んでいました。 前日になって「ん?なんかオカシイ??」と気付いて、「茅場町ですよ」と教えていただいた次第です。

『ブルックリンリボンフライ駒沢』は、夜公演用のお店なのかな? いつかこちらにも行けたら、行ってみたいです!!