こめなべ

マンガ・アニメ・ドラマや映画の感想&声劇台本置いてます

マンガ『鹿楓堂よついろ日和』ネタバレ感想-空腹時注意!目で食べる甘味

こめなべ-20181209-マンガ『鹿楓堂よついろ日和』-タイトル

キャラ以上に食べ物が美味しそうなので涎注意です!

コミックシーモアの期間限定試し読みで、初めて作品を知りました。
表紙の着物姿の男性を見て、「旅館が舞台のお話なのかな」と思ったのですが、大ハズレ!
舞台はなんと、和風喫茶でした。

https://amzn.to/3vpEed6

タイトル: 鹿楓堂よついろ日和 1巻 (バンチコミックス)
作家名: 清水ユウ
ジャンル: 青年マンガ / ヒューマンドラマ / 料理・グルメ
出版社: 新潮社

男性の和装姿が好きな方、また、出てくる料理がどれも美味しそうなので、食べ物が好きな方にオススメです!
登場した料理のいくつかは、レシピが紹介されているので、自分で作ることも可能かも。

物語は、終始穏やか。
メインキャラたちは、イケメン揃いだし、おまけに優しい!
癒されたいときに読むと、心に効きます。

マンガ『鹿楓堂よついろ日和』のざっくりしたあらすじ

舞台は、現代。
東京の郊外にある、古風な一軒家が『鹿楓堂』。
和を基本とした甘味処では、男性店員4人が着物姿で働いている。

『鹿楓堂』は元々、スイの祖父が営んでいた。
子どもの頃から、祖父と店に来るお客様の笑顔が大好きだったスイは、いんろんな縁が繋がって、現在跡を継いでいる。

穏やかでやわらかい雰囲気を持ち、臨機応変に立ち回ることが得意なスイは、接客とお茶の担当。
大の猫好きで、猫のことになると大暴走することも、しばしば。
特に、飼っている”きなこ”を溺愛している。

そんなスイと一緒にお店で働いているのが、この3人。

料理担当の、ときたか。
おっとりした性格だが、いざというとき頼りになる存在。
陶芸教室で講師をするほどの腕前を持ち、生徒のお年寄りたちとは友人のようにつきあっている。

スイーツ担当の、椿。
お菓子作りが大好きで、スイーツの食べ歩きが趣味。
人見知りで、物言いのキツイところがあるが、優しさを素直に表現できない不器用さん。

珈琲担当の、ぐれ。
明るく、コミュニケーション能力に長けた、体育会系。
面倒見がよく、腕っ節も強いため、気がつけば”アニキ”と慕われていることが多い。

個性的で、性格もバラバラな4人だが、意外にも息はピッタリ
お客様に喜んでもらうためにはどうしたらいいか考え、そのために日々努力を積み重ねている。

そんな『鹿楓堂』だから固定客も多く、ふらりと入ってきたお客様も、リピーターになってしまう。
スイたちの心配りのおかげで、思わず「ただいま」と言ってしまいたくなるくらい、居心地のいいお店が保たれているのだ。

チーム・鹿楓堂vs角崎さんの闘いが印象的でした!

2巻に収録されている『第八話 魅惑のスイーツコレクション 前編』と『第九話 魅惑のスイーツコレクション 後編』は、印象的でした。

これまで『鹿楓堂』という、お店の中が舞台だったのに、このお話は角崎(つのざき)さんという男性の要望で、デパートの催事に参加することになるのです。

まあ…この角崎さん。
一癖も二癖もある人で…腹黒。

彼の”ささやかな催事”という言葉に、OKを出したハズなのに。
搬入当日、提示された場所は、催事場の一等地!
東京で大行列が出来るお店の代わりだと言われて、スイたちは大パニック!!

さらに催事当日は、角崎の企みによって開店前から、行列ができるほどの集客を得てしまう。
スイ、ときたか、ぐれは徐々にペースを上げていく予定が、初っ端からエンジン全開で、接客にあたることになります。

人見知りな椿はギャラリーの多さに、用意されたガラス張りの厨房の中で、固まってしまう。
普段、作業しているところを、お客様に見せることがないからだ。

そんな椿に、ときたかがお客様の顔を見るよう、アドバイスをする。
そこには椿の作ったスイーツを、美味しそうに喜んで口にする人たちでいっぱいだった。
お客様の笑顔を見た椿は、本来の調子を取り戻す。

予想外に早く完売してしまうが、来てくれたお客様には出来る限りのおもてなしを試みる、スイたち。
決して嫌な気持ちで帰らせない心意気に、お客様も好感を持つ。

初日の反省を活かして、二日目、三日目と乗り切ろうとしていた。
だがそこへ、またしても角崎が「テレビの取材を受けてくれ」と、ムチャブリしてくる。

スイが断ろうにも、すでに取材班はカメラを回し、アナウンサーは進行する気マンマン!!
椿が取材対象に選ばれるが、場慣れしていないため、なにも話せない。

ぐれが機転をきかせて、スイーツを試食させることで興味をそらし、そのバトンをスイが引き継ぐ。
するとアナウンサーが、なぜかスイの一番語りたくない家族の話をふってきた。
凍りつくスイに、ときたかが看板猫・きなこの話題を持ち出し、場をうまくまとめて、取材を終える。

この鹿楓堂メンバーの、チームワークのよさといったら!!
お互いの不得手な部分をフォローしあえるなんて、見ていてすごく、気持ちがイイっ!!憧れます!!

一方、角崎には悶々とした嫌な気持ちが残りました。
実は角崎は、有名なパティシエで、スイの双子の兄・八京(やきょう)の仕事仲間。
八京の弟・京水(きょうすい)…スイに興味を持ち、近づいたらしいのですが…。

んー…どうも、苦手でした。
お客様まで巻き込んで、なんであんなことをするんだろうと。
直接対決 に持ち込めばいいのにって、イライラしてしまいます。

スイのお家事情が複雑なんでしょうけど、それでもなぁ…。

動いているキャラたちを公式サイトで見られます

こちらの作品は、アニメ化されていたようです。
配信もされていたみたいなのですが、もう終了しているっぽい。

声優さんのお名前に惹かれて、見てみたくなったのですが…残念。

アニメ: 鹿楓堂よついろ日和
放送時期: 2018年4月10日~(終了)
放送情報: AT-XTOKIO MX、KBS京都
キャスト:諏訪部順一さん、中村悠一さん、小野大輔さん、山下大輝さん、前野智昭さん、鳥海浩輔さん、 天﨑滉平さん

>公式サイト⇒TVアニメ『鹿楓堂よついろ日和』公式サイト

https://amzn.to/3eHY11g

https://amzn.to/3tnTvcf

BD &DVD化されているので…全く見られない訳ではなさそうです。
今、公式サイトの予告動画を見たら、きなこちゃんの動きがメッチャかわいくて、スイ並みにはしゃいでしまいました←そこか

いつか必ず、見ようと思います!!