こめなべ

マンガ・アニメ・ドラマや映画の感想&声劇台本置いてます

ドラマ『緊急取調室 season2』第8話ネタバレ感想-瓜二つの他人という設定好みです!

こめなべ-20170612

大切な人と瓜二つの人が登場とかオイシ過ぎます!

2017年6月8日(木)21時から放送された、ドラマ緊急取調室 season2』。
出演は天海祐希さん、田中哲司さん、速水もこみちさん、鈴木浩介さん、大倉孝二さん、三上市朗さん、でんでんさん、大杉漣さん、小日向文世さん、中村静香さん、生島勇輝さん。

第8話『喪服を着る男』。
ゲストは鶴見辰吾さん、眞島秀和さん、渡辺真起子さん、水上剣星さん。

真壁さんの亡くなった旦那様・匡さんが…正確には匡さんではないですが、瓜二つの人が登場するとか、不謹慎にも「オイシイ!」と思ってしまいます。
1話完結ではなく、前後編になっているので楽しみが増しました!

今回はドラマ『緊急取調室 season2』第8話のネタバレ感想を書きます。
苦手な方はご注意ください。

ドラマ『緊急取調室 season2』第8話「喪服を着る男」のざっくりしたあらすじ

放火しようとしている人間がいる…と、連絡を受けた警察官・池田肇(清水優さん)と同僚は、現場に向かう。
周辺を捜索するが、怪しい人物は見つけられなかった。

戻ろうとしたところ、突然現れた2人組の男に襲われる、池田。
同僚の援護も虚しく、男に携帯していた拳銃を奪われてしまう。

1人は逃走、逮捕したもう1人(鶴見辰吾さん)は『緊急事案対応取調班(通称・キントリ)』に連れて行かれる。
奪われた拳銃を使用される前に、逃げた男を取り押さえる必要があるからだ。

早速、小石川春夫(小日向文世さん)と菱本進(でんでんさん)が取調べを行うが、男は完全黙秘。
小石川は男の身なりから、年齢や職業などを言い当てようと、言葉を並べてみるものの、男は全く動揺を見せない。

その態度から、小石川は男がワザと逮捕されたのだと、確信する。

一方、真壁有希子(天海祐希さん)と菱本進(でんでんさん)は、病室で池田から逃げた男の証言をもとに、似顔絵を作成。
仕上がった絵を見て、身体を硬直させる菱本。
その顔は真壁の亡くなった夫・匡(眞島秀和さん)に、瓜二つだったのだ。

管理官の梶山勝利(田中哲司さん)は、匡とは別人であることは理解しているが、私情を挟んでしまうだろう…と、真壁を捜査から外そうとする。
しかし真壁は、捜査をやり切ると言ってきかない。

なにも進展のない中、拳銃が使用されたとの報告が入る。
被害者は、弁護士の滝沢史子(渡辺真起子さん)。
会社から出てきたところで、突然、足を撃たれたという。

病院へ聴き込みに行く、真壁と小石川。
命を狙われたかもしれないというのに、滝沢は笑みを浮かべて、余裕の表情を見せる。

取調室に戻り、男に滝沢の写真を見せる。
仲間が奪った拳銃で、彼女を撃ったとー…すると、男は突然涙を溢れさせた。
理由がわからず、困惑するキントリメンバー。

真壁は視点を変えて、滝沢と池田の間に何か関係性があるのではないかと、考える。
捜査の結果、滝沢も池田も5年前に起きた放火事件に、関わっていたことがわかった。

その事件とは…同じ学校に通っていた峰岸健太が、久保寺みどりへの片想いをこじらせて、彼女の自宅へ火をつけたというもの。
足を怪我していたみどりと、娘を助けようとした母親が逃げ遅れて、亡くなった。

なぜ健太が逮捕されたかというと、みどりの家庭教師・神木進次郎(水上剣星さん)の目撃証言と、現場に落ちていた手袋が決め手だった。
無実を訴える健太を強引に取調べたのは、現捜査一課長の沢渡巌(三上市朗さん)。
犯人だと決めつけられた健太は、絶望して留置場で首を吊って死んでしまう。

健太の父・允彦(眞島秀和さん:二役)は、息子の無実を訴え続けていた。
だが、誰にも聞き入れてもらえなかった。
調書に載っていた允彦の顔写真は、匡そのもの。
それを見たキントリメンバー全員に、緊張が走る―…。

拳銃を奪って逃げた男は、おそらく允彦だろう。
息子の復讐のために、この事件を起こしたのだ。

そこへ、沢渡から電話が入る。
5年前の事件を思い返していて、男の正体が「峰岸の親族や友人ではない、ありえない人物だ」とわかったという。
その人物の名前を言いかけたところで、沢渡は允彦に撃たれてしまった。

沢渡の言葉からキントリメンバーは、男がみどりの父親・圭だとわかる。
允彦との関りまで突き止められた圭は、ようやく口を開く。
「事件はまだ終わってない」と。

それが何を意味するのか…。

允彦の次の標的は、刑事部部長の磐城和久(大倉孝二さん)。
当時"開かれた警察を目指す"と公言していたにも関わらず、允彦の言葉を聴こうともしなかった。

交通安全のイベントに顔を出した磐城に、銃口を向け引き金を引く、允彦。
咄嗟に磐城の前に飛び出した、真壁が被弾。
允彦は、混乱に合わせて逃走。
倒れた真壁は、允彦の後姿を見送りながら意識を失った。

小石川さんの冷静沈着さが崩れる場面が見られて新鮮でした!

今回は、取り調べでの小石川さんVS圭さんが、印象に残りました。
いつも冷静沈着な小石川さんの語りに、顔色一つ変えない圭さん。
ピリピリしてくる空気の中で、どんな変化も見逃さないように目を鋭くする、小石川さん。

あんな表情をする小石川さんは、初めて見た気がします。
それだけ圭さんが、手ごわいということだったのでしょう。
緊迫した取り調べに、見入ってしまいました。

いつもは真壁さんがメインの取り調べですが、こういう場面をみると小石川さんや、菱本さん、中田善次郎さん(大杉漣さん)がガッツリ取り調べをしているところも、見たかったなぁ…と思います。

いよいよ次回で最終回!!
匡さん似の允彦さんと、真壁さんがどうなるのかも気になります。
刑事と犯人では、どうにもならないとは思いますが…顔が瓜二つというのは、それだけでドラマチックというか、なんというか。

あと、キントリのメンバーチェンジも…多分、無いと思うのですが。
すごく気になります!!