こめなべ

マンガ・アニメ・ドラマや映画の感想&声劇台本置いてます

ドラマ『警視庁 いきもの係』第1話ネタバレ感想-ポップで楽しい物語

こめなべ-20170713

警視庁の部署として“いきもの係”って斬新!

2017年7月9日(日)21時からフジテレビ系にて放送が開始された、ドラマ『警視庁 いきもの係』。 警視庁の部署として“いきもの係”って斬新だなー…と、ワクワクしながら始まりを待っていました。

出演は渡部篤郎さん、橋本環奈さん、三浦翔平さん、長谷川朝晴さん、石川恋さん、清原翔さん、横山だいすけさん、でんでんさん、寺島進さん、浅野温子さん。

今回は、ドラマ『警視庁 いきもの係』第1話のネタバレ感想を書きます。 苦手な方はご注意ください。

ドラマ『警視庁 いきもの係』第1話のざっくりしたあらすじ

2年前。 ある事件を追いかけていたとき、頭に銃弾を受けた、捜査一課の敏腕刑事・須藤友三(渡部篤郎さん)。 生死の境を彷徨ったのち、ようやく仕事に復帰することになった。

辞令を渡すと、捜査一課管理官の鬼頭勉(寺島進さん)に呼び出されたが、すでに捜査一課に空きは無いという。 そして新たに配属されたのが…警視庁総務課。 表向き存在しないその部署は、左遷を意味していた。

落ち込みながら総務課へ行くと、事務を担当している田丸弘子(浅野温子さん)がいて「立てこもり事件です!」と、現場へ向かうよう須藤の背中を押した。 事務の仕事しかしないものと思っていた須藤は、混乱しながらも現場へ到着。

そこには、土管に挟まった猫を救出しようと、必死になっている巡査の薄圭子(橋本環奈さん)がいた。 これが田丸の言う“立てこもり事件”らしい。 帰りたい気持ちでいっぱいの須藤に、猫を助けるための手順を薄は力説。

迫力に負けした須藤は、流されるまま薄と一緒に、猫を救出する。

猫の救出現場の目と鼻の先では、捜査一課が本物の立てこもり事件と対峙していた。 帰り道に立ち寄ると、須藤の相棒だった巡査部長の石松和夫(三浦翔平さん)が、厳しい状況であることを告げる。

アパートに立てこもっている犯人(蝶野正洋さん)は、窓から身を乗り出して叫んでいたが、薄の存在に気づくと2階の窓から突然飛び降りた。 そして、薄に向かってゆっくりと手を伸ばす。

薄は臆することなく犯人に近づき、先程救出した猫を差し出した。 どうやらこの猫、犯人の愛猫だったらしい。 同棲相手と別れることが決まり、どちらがこの猫を引き取るかで、揉めていたのだという。

犯人が捜査一課により逮捕されたことで、飼い主を失くす猫。 「どうするんだ?」と猫を見る須藤に、石松が「それが仕事じゃないですか」と、総務課の正式名称が「総務課動植物管理係」だと告げる。

通称:いきもの係では、逮捕・拘留された容疑者のペットを一定期間、保護して世話をしているらしい。 多種多様な生き物の面倒を見ているのは、動植物飼育の専門家である・薄。

薄の動物好きは、ちょっと異常なほどで、須藤は度々頭を抱える。 そんな須藤の元へ、ペットの保護を依頼に来る、石松。 運送業を営む戸所松之が、殺害された事件の容疑者・八木良知が、スピード違反の停止命令を無視して、事故に遭い入院したらしい。

早速、八木の自宅へ向かう須藤と薄。 室内にはなんと、100羽もの十姉妹が飼われていた。

大量の小鳥を飼っているにも関わらず、室内には羽根1つ落ちていない。 また、完全な防音が施されていることに、須藤と薄は違和感を抱く。 また、鳥かごがエアコンの無い部屋に置かれていること、1羽だけ手乗り十姉妹が混ざっているのも、おかしい。

部屋を見て回ると、不自然な四角い跡を見つける。 それは、鳥かごの跡。 一回り小さい跡は、手乗り十姉妹用のものだと、薄は確信した。

そして、この部屋で“鳴き合わせ”が行われていたのではないか?と、推理する。 良い声で鳴く野鳥(主にメジロ)は、車一台するほどの値段がつくらしい。 現在はメジロの捕獲や飼育は、違法行為だが、大金が動くので八木は隠れてやっていたのではないかと。

須藤と薄は証拠を見つけるべく、捜査を開始。 すると物証は見つからないものの、管理人の井上(小野了さん)が番付表を。 3年前に閉店した『園田小鳥店』の店主・園田が元締めだということを突き止める。

園田の自宅に押し入り、押入れの奥からメジロを発見する、須藤と薄。 物証が出たことで、事件について語らざるを得なくなった井上。 金を要求してきた戸所を、八木が怒って殺したと言う。

病院で意識を取り戻した八木も、概ね事件を認め、自供した。 鳴き合わせを隠すために飼われていた十姉妹は、小学校で預かってもらえることとなる。

今後のいろんな展開に期待しています!

須藤さんの人生が、波乱万丈過ぎて…いつか、年表作って欲しいです。 撃たれた事件については、後々語られるのでしょうけど。 敏腕と呼ばれていた時代の、捜査風景も見てみたいです!

今の須藤さんとのギャップを、認識したくて。 絶対、萌えるだろうなぁ…可愛くて。

撃たれる前の記憶が、全て無くなってしまっていること…なぜ、バレないようにしているのでしょう? 刑事を続けたいから? それとも本能で、危険だと察知しているのでしょうか?

鬼頭さんや石松さんが、事件に絡んでいるのか?いないのか?も、気になるところです。 …頭を狙ってくるなんて、本気で殺す気ですもんね。 でも、殺す気だったら入院中とか、警視庁へ戻って来る前に、仕留めているか?

たまたま当たってしまったっていう、可能性もあるのかー…? 勝手に、須藤さんが撃たれたのは事件…にしてますけど、もしかしたら何かの事故っていう可能性もありますよね。

物語がポップな感じなので、いろんな展開がある気がします。

須藤さんと薄さんとのコンビも、掛け合いが可愛かったので、これからどんどんテンポアップしてゆけばいいなぁ。 超期待しています!!