こめなべ

マンガ・アニメ・ドラマや映画の感想&声劇台本置いてます

アニメ『Code:Realize(コードリアライズ)~創世の姫君~』第2話ネタバレ感想-勝手に命名"コドリアの和みトリオ"

こめなべ-20171113

第2話で初!サン・ジェルマン堪能しました!!

2017年10月7日(土)20時00分より、アニメシアターXなどで放送されているアニメCode:Realizeコードリアライズ)~創世の姫君~』。 第2話で、待望の平川大輔さんが登場! 初!サン・ジェルマン…堪能しましたー!!

出演は、 カルディア…早見沙織さん アルセーヌ・ルパン…前野智昭さん エイブラハム・ヴァン・ヘルシング諏訪部順一さん ヴィクター・フランケンシュタイン柿原徹也さん インピー・バービケーン森久保祥太郎さん サン・ジェルマン…平川大輔さん シシィ…飯田保奈美さん、です。

ちょうど加入しているHuluで見られると知り、遅ればせながら楽しませていただいております!!

今回は、アニメ『Code:Realizeコードリアライズ)~創世の姫君~』第2話ネタバレ感想を書きます。 苦手な方は、ご注意ください。

アニメ『Code:Realize~創世の姫君~』第2話のざっくりしたあらすじ

ロンドンでテロを計画している英国の諜報組織・黄昏(たそがれ)。 そのトップに立つ男・フィーニス(CV:梶裕貴さん)は、カルディア(CV:早見沙織さん)の持つホロロギウムを計画に利用しようとしていた。

テロ計画を知った世紀の大泥棒・アルセーヌ・ルパン(CV:前野智昭さん)たちは、カルディアを誘拐。 仲間として手元に置くことで彼女を護り、またテロを防ごうとする。

とはいえ、このままカルディアを保護していればいいという訳ではない。 ルパンたちは、黄昏に関する情報収集を始める。

一方で、ヴィクター・フランケンシュタイン(CV:柿原徹也さん)にカルディアの身体の猛毒について、調べてもらう。 原因はやはり、ホロギウムだった。

ルパンはカルディアの身体を気遣い、フランに「なんとか取り出せないか」と相談する。 しかし、体内に埋め込まれているホロロギウムは、彼女の心臓として機能しているため、取り出せないという。

自分の心臓が、もうないこと。 ホロロギウムの猛毒から、逃れることはできないこと…など。 記憶を失くしているカルディアは、混乱して落ち込む。

ルパンはカルディアに「出かけよう!」と、提案。 インピー・バービケーン(CV:森久保祥太郎さん)とフランも連れて、ロンドンの街へ出かける。 ルパンがカルディアと共に、足を運んだのはカジノ。

きらびやかな世界に目を見張る、カルディア。 「本で…お金を増やすところ」がカジノだと、学んだという。 そんな彼女に「情報も集まる場所」だと、ルパンは笑う。

足手まといになる…と、うなだれるカルディアに、ルパンは「今日は、気分転換に来た!」と言って、彼女を労わる。 談笑していた2人に、殺気が向けられた。 敏感に察したルパンは、カルディアの手を引いて、店を出る。

路地裏に逃げ込んだところで、黄昏のメンバーに襲われる、ルパンとカルディア。 逃げようとすると、目の前に男が立ちはだかった―…。

男は2人の後を追う、黄昏のメンバーに向かって、発砲。 あっという間に倒すと、今度はルパンに「バケモノを寄越せ」と、銃口を向けた。

カルディアはルパンを守るため、自ら男の前に立つ。 そこへ、インピーとフランも駆けつける。 フランは、男の身元を知っていた。

元黄昏のメンバー・エイブラハム・ヴァン・ヘルシング(CV:諏訪部順一さん)。 理由あって、組織を抜けたらしい。

ヴァンはフィーニスへの復讐のため、カルディアの身が必要だという。 そんなヴァンに、フランは「仲間にならないか?」と、提案する。 自分たちと一緒に居れば、必ずフィーニスを引っ張りだすことができる…と、説得して。

ヴァンは渋々ながらも、フランの提案に応じる…。

サン・ジェルマンからマイナスイオンを感じて仕方ない!

カルディアの心臓が、もうない…とか、ホロロギウムが心臓の替わりだとか。 こんなに早い段階でネタバレ?しちゃって、大丈夫なんでしょうか?? なんか、こういうのって物語の後半までは「きっと猛毒はなくせるよ!」と励まして、最終回前に真実がわかって、「おお…カルディアあぁあぁあっ!!」って、なるものだと思っていました。

私にとっては、かなりの衝撃だったんですけども…これ以上の衝撃が待ち受けている…ということなんでしょうか?…怖い。

カルディアのほのほのした雰囲気で、つい和んでしまいますが…身体全部が猛毒なんですから、壮絶な日々を過ごしてきたんですよね。 ルパンに盗み出されたことで、もういっそ"幸せ"って気持ちで浄化されちゃえばいいんだ!!←ムチャブリ

最終的に「人間の自然治癒力、すごいっ!」ってことで、大団円になればいいのになぁ。

さて。 ふわり…という擬音が似合いそうな雰囲気で、登場されました…平川さんこと、サン・ジェルマン。 マイナスイオンを感じる、素敵な声音でした。

「ふふふっ」という、穏やかな笑い声がとても好みです!! 萌える…。

面倒見がいい人…とのことなので、もしも私が物語の中にふらりと入り込むことができたら…一緒にお茶してもらえないでしょうか? サンとお茶会…楽しそう。 すっごいおもてなししてくださりそうですよねー♪←落ち着け

サン×カルディア×シシィ…私の中では"コドリアの和みトリオ"となりそうです。 ほわほわほわ~…。